祇園祭

幟のある風景、それはハレの日

子供の頃から祇園祭の時に地域に建つ幟が大好きです。

特に好きな写真はこれ。夕陽に幟が美しい。

子供の頃は僕の実家のすぐ隣に幟が建っていました。風が吹くとギーッギーッっときしむ音が何とも言えずわくわくしたものでした。自転車で各町内の幟を見に友達と駆け回りました。何て書いてあるか分からないのに。大人になっても分からなかった。神職をしてから何となく読めるようになった。文化財の調査の時に同級生が大学の教授をしていたので解読よろしく!って解読してもらったんだよな。その節はありがとう。

お祭りが始まる週の初めの日曜日は準備の日。地域の方々が総出で幟立てや提灯などの飾り付けをします。その頃は若者達は山車の飾り付けと練習。それはそれは楽しみでした。だって、非日常が始まるんですから。本当に色んなことがありました。楽しいこともそうでないことも。でも全て引っくるめて素晴らしい思い出です。楽しいことだけでは楽(らく)になってしまいますからね。苦楽はセットでなければいけません。だから人間は喜びを感じて生きていけるんですよ。

大人になってお酒も地域のなかで覚えましたね。毎日毎夜練習に行くのが楽しみで仕方が無かった。子供達に踊りを教えた後は大人の練習。それが終われば宴会。昔話に花が咲き、同じ話を繰り返す。

まさか、それが仕事になるとはみじんも思わなかったなぁ…

立場が変わってそれは出来なくなってしまいました。一緒には楽しめなくなってしまった…

僕は25歳で神職になりました。その上次男なので幟立てには余り参加したことがなかったんですよね。父か長男が出ることがおおいので。長男はこのような機会に表に出てお付き合いを覚えていくんです。僕は次男だったの将来守谷に住むなんて考えていませんでした。それが今ではすっかり守谷人になりました。いや守谷人が深化しましたね。

ただ、一回だけ出たことがあるんです。あの時は周りの大人に言われるがままやっていたような気がします。ほとんど覚えていません。ただ暑かったと記憶しています。幟を立て提灯を飾れば直会がありコミュニケーションが深まります。

とにかく、幟が建てばそれは非日常、つまりはハレの日。町中がお祝いムードです。コロナがおさまってまた町中がお祝い一色になることを願っています。

ピックアップ記事

  1. 私にとっての震災10年
  2. 私が宮司になるときに ⑲8年間の複雑
  3. ブログを始めました
  4. BSテレビ東京の『発見!ローカル線聞き込み発見旅』で紹介されます。
  5. 一般人が宮司になるまで ⑱祖父と父の死が教えてくれた事

関連記事

  1. 祇園祭

    宮本卯之助商店との神輿修理 ⑤宮神輿総修理竣功記念式典

    祇園祭を迎えて神輿が帰り本祭りを迎えるにあたって記念式典を行った。…

  2. 祇園祭

    令和2年度の祇園祭日程について

    実は大晦日の忙しい中に総代とある重要な会議をしていました。…

  3. 祇園祭

    初めての胴上げ

    宙を舞うプロ野球の監督は優勝するとこんな気持ちなのかな?嬉しいだろ…

  4. 祇園祭

    ささやかな改革

    直すところは直して祇園祭の準備が始まりました。今年から準備…

  5. 祇園祭

    宮本卯之助商店との神輿修理 ③氏子さんが用意してくれたサプライズ

    各界のアラン・ドロン霧島関神輿の組み立て作業の見学会の時に氏子…

  6. 祇園祭

    祇園祭を終えて

    ガチで疲れました。今までで一番疲れた。たぶん、しばらくは回復しない。無…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ピックアップ

  1. 私にとっての震災10年
  2. 龍ケ崎という地名の由来、そして龍住まう郷の利根
  3. 一般人が宮司になるまで ⑤噛み合わない話し合い
  4. 萎む氏子組織と村の氏神神社の将来〜前編
  5. 私が思う富岡八幡宮事件での一番の被害者は?

アーカイブ

  1. プライベート

    今日は次男の誕生日で
  2. 御朱印帳

    御朱印、同じアイディアでさ
  3. プライベート

    結婚記念日
  4. 健康

    ファスティング開始(1日目)
  5. 一般人が宮司になるまで

    一般人が宮司になるまで ⑪Live or Die 生きるか死ぬかの話し合い
PAGE TOP