コラム

あの、その、この。あの世、この世、(その世?)

あの、その、この

あれ、それ、これ

あなた、そなた、こなた

あいつ、そいつ、こいつ

あそこ、そこ、ここ

日本語には大まかにあ、そ、こを使った指示語が多いんだよね。

調べてみると、この、その、あの、の指示語は
「この」は近いところ、「その」は少し遠いところ、「あの」はもっと遠いところを指すと思っているひとが多いが、そうではなく、「この」は自分の領域にあるもの、「その」は相手の領域にあるもの、「あの」は自分でも相手でもない外の領域にあるものを指しているという。

これらを踏まえて昔から考えていたんだけれどね。父親が死んだときにふと疑問に思ったことがあったんだ。

父はあの世に言ってしまったとすれば、俺はこの世にいる。

この世は自分が生きている世界で
あの世は亡くなった方が行く世界。

それならその世ってないのかとずっと思っていたんだ。

日本語の指示語からすれば、「この」は自分の領域にあるもの、「その」は相手の領域にあるもの、ならばなくなった方はその世に行くんじゃないのか?

神道風に考えると、亡くなった方は常に俺たちの周りにいると考えられている。所謂「顕幽一如」、千の風になっての世界観ですね。亡くなった方は自然に帰り私達を見守ると言う。

で、「その」と言うのが相手の領域にあるものならばあの世じゃなくてその世であって、生きている人も無くなった人もその双方の領域より離れたところを「あの世」と言うのではなかろうか?

てな感じで、ふと疑問に思った日曜日のお話でした。

正解は分かりません。まだまだ未熟ですな。

ピックアップ記事

  1. 自分の御朱印ルールで八岐大蛇御朱印が出来るまで
  2. 一般人が宮司になるまで ⑱祖父と父の死が教えてくれた事
  3. 新・情報7daysニュースキャスター
  4. 私が宮司になるときに〜投稿一覧
  5. 一般人が宮司になるまで〜投稿一覧

関連記事

  1. コラム

    本務神社と兼務神社の違い

    無人の神社にも宮司はいるのか?皆さんも無人の神社をお参りした経験が…

  2. コラム

    You still have lots more to work on

    コロナで予定を大きく狂わされた方は多いことでしょう。昨年の夏、…

  3. コラム

    不景気と神社

    20年も奉職していれば色んな経験をします。不景気神社に…

  4. コラム

    平成最後のファスティング〜断食中のお弁当作り〜(3日目)

    -1.00kgおはようございます。ファスティング3日目の朝で…

  5. コラム

    自信と過信

    私はこの仕事をする前までは人前で挨拶をするという経験がありませんでした…

  6. コラム

    異例の正月 初詣の人出、全国的に大幅減

    ニュースでも話題になっていますね。初詣は全国的に大幅減。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ピックアップ

  1. 私にとっての震災10年
  2. 私が宮司になるときに ※大切なことです。本編の前にお読み下さ…
  3. 取手警察署様より感謝状を頂きました
  4. 自分の御朱印ルールで八岐大蛇御朱印が出来るまで
  5. 萎む氏子組織と村の氏神神社の将来〜中編

アーカイブ

  1. 健康

    ファスティング(4日目)
  2. コラム

    神職の身分は階級制度
  3. 試行錯誤

    文字って温度が伝わらない
  4. 私が宮司になるときに

    私が宮司になるときに ①言ってはいけない事、それは許されざる事
  5. 御朱印帳

    さてどうなるかな?
PAGE TOP