コラム

あの、その、この。あの世、この世、(その世?)

あの、その、この

あれ、それ、これ

あなた、そなた、こなた

あいつ、そいつ、こいつ

あそこ、そこ、ここ

日本語には大まかにあ、そ、こを使った指示語が多いんだよね。

調べてみると、この、その、あの、の指示語は
「この」は近いところ、「その」は少し遠いところ、「あの」はもっと遠いところを指すと思っているひとが多いが、そうではなく、「この」は自分の領域にあるもの、「その」は相手の領域にあるもの、「あの」は自分でも相手でもない外の領域にあるものを指しているという。

これらを踏まえて昔から考えていたんだけれどね。父親が死んだときにふと疑問に思ったことがあったんだ。

父はあの世に言ってしまったとすれば、俺はこの世にいる。

この世は自分が生きている世界で
あの世は亡くなった方が行く世界。

それならその世ってないのかとずっと思っていたんだ。

日本語の指示語からすれば、「この」は自分の領域にあるもの、「その」は相手の領域にあるもの、ならばなくなった方はその世に行くんじゃないのか?

神道風に考えると、亡くなった方は常に俺たちの周りにいると考えられている。所謂「顕幽一如」、千の風になっての世界観ですね。亡くなった方は自然に帰り私達を見守ると言う。

で、「その」と言うのが相手の領域にあるものならばあの世じゃなくてその世であって、生きている人も無くなった人もその双方の領域より離れたところを「あの世」と言うのではなかろうか?

てな感じで、ふと疑問に思った日曜日のお話でした。

正解は分かりません。まだまだ未熟ですな。

ピックアップ記事

  1. 一般人が宮司になるまで ㉘思い出したくもない結婚式
  2. ZIP!
  3. 一般人が宮司になるまで ※大切なことです。本編の前に読んで下さい
  4. 萎む氏子組織と村の氏神神社の将来〜後編
  5. 一般人が宮司になるまで〜投稿一覧

関連記事

  1. コラム

    令和

    新元号が発表されましたね。個人的には安、天、和が使われるんじゃ…

  2. コラム

    平沼花火大会

    悪疫退散、鎮魂、再生10月某日、私はつくばみらい市の平沼に向かって…

  3. コラム

    譲位と退位の違い

    譲位と退位今回の御代替わりは天皇陛下の崩御ではなく譲位という形で行…

  4. コラム

    紫はきました

    紫はきました。勿体振っていたわけじゃなくてタイミングを逃してい…

  5. コラム

    夫婦岩

    いい眺めだけと暑いんだな…

  6. コラム

    ウッドショック

    昨日は月末で境内を掃除していました。あるハウスメーカーの方がい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ピックアップ

  1. 街中の神社では神木の管理が大変なんだ
  2. 最近の御朱印ブームに思うこと
  3. 私が思う富岡八幡宮事件での一番の被害者は?
  4. 私が宮司になるときに ⑲8年間の複雑
  5. ブログを始めました

アーカイブ

  1. 八坂神社

    伊勢から奈良へ
  2. 健康

    ファスティングその後〜回復食大失敗〜
  3. 八坂神社

    季節折々のお祭りと茅の輪【動画追加】
  4. 一般人が宮司になるまで

    一般人が宮司になるまで ②聖と俗の仕事。どちらも重要な宮司職務の二面性。
  5. 八坂神社

    境内で見つけた美しい風景
PAGE TOP