コラム

あの、その、この。あの世、この世、(その世?)

あの、その、この

あれ、それ、これ

あなた、そなた、こなた

あいつ、そいつ、こいつ

あそこ、そこ、ここ

日本語には大まかにあ、そ、こを使った指示語が多いんだよね。

調べてみると、この、その、あの、の指示語は
「この」は近いところ、「その」は少し遠いところ、「あの」はもっと遠いところを指すと思っているひとが多いが、そうではなく、「この」は自分の領域にあるもの、「その」は相手の領域にあるもの、「あの」は自分でも相手でもない外の領域にあるものを指しているという。

これらを踏まえて昔から考えていたんだけれどね。父親が死んだときにふと疑問に思ったことがあったんだ。

父はあの世に言ってしまったとすれば、俺はこの世にいる。

この世は自分が生きている世界で
あの世は亡くなった方が行く世界。

それならその世ってないのかとずっと思っていたんだ。

日本語の指示語からすれば、「この」は自分の領域にあるもの、「その」は相手の領域にあるもの、ならばなくなった方はその世に行くんじゃないのか?

神道風に考えると、亡くなった方は常に俺たちの周りにいると考えられている。所謂「顕幽一如」、千の風になっての世界観ですね。亡くなった方は自然に帰り私達を見守ると言う。

で、「その」と言うのが相手の領域にあるものならばあの世じゃなくてその世であって、生きている人も無くなった人もその双方の領域より離れたところを「あの世」と言うのではなかろうか?

てな感じで、ふと疑問に思った日曜日のお話でした。

正解は分かりません。まだまだ未熟ですな。

ピックアップ記事

  1. BSテレビ東京の『発見!ローカル線聞き込み発見旅』で紹介されます。
  2. 一般人が宮司になるまで ⑤噛み合わない話し合い
  3. 龍ケ崎という地名の由来、そして龍住まう郷の利根
  4. 一般人が宮司になるまで〜投稿一覧
  5. 街中の神社では神木の管理が大変なんだ

関連記事

  1. コラム

    You still have lots more to work on

    コロナで予定を大きく狂わされた方は多いことでしょう。昨年の夏、…

  2. コラム

    なぜ11月15日が七五三の日なのか?

    先日の地鎮祭の時に現場監督さんから何で11月15日が七五三なのか?と言…

  3. コラム

    一言主神社での研修

    佐々木君、ブログを見てくれてるんだってね。ありがとう。寒いとは思うけど…

  4. コラム

    異例の正月 初詣の人出、全国的に大幅減

    ニュースでも話題になっていますね。初詣は全国的に大幅減。…

  5. コラム

    ブログを始めました

    今ままでブログを始めたいって思ったことはなかったんですね。仕事…

  6. コラム

    神職の階級(中堅神職研修を受講して)

    神職の階と級神職には階と級があります。 階は以前の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ピックアップ

  1. 自分の御朱印ルールで八岐大蛇御朱印が出来るまで
  2. 一般人が宮司になるまで ⑤噛み合わない話し合い
  3. 私が思う富岡八幡宮事件での一番の被害者は?
  4. 沈む夕陽の撮影会
  5. 一般人が宮司になるまで ⑰節分祭という名の修羅場

アーカイブ

  1. 八坂神社

    今日の太陽
  2. 健康

    平成最後のファスティング〜酵素ドリンク選び〜(4日目)
  3. コラム

    中堅神職研修
  4. 八坂神社

    コロナ禍での初詣
  5. 私が宮司になるときに

    私が宮司になるときに⑳順風満帆迷うこと無し
PAGE TOP