コラム

あの、その、この。あの世、この世、(その世?)

あの、その、この

あれ、それ、これ

あなた、そなた、こなた

あいつ、そいつ、こいつ

あそこ、そこ、ここ

日本語には大まかにあ、そ、こを使った指示語が多いんだよね。

調べてみると、この、その、あの、の指示語は
「この」は近いところ、「その」は少し遠いところ、「あの」はもっと遠いところを指すと思っているひとが多いが、そうではなく、「この」は自分の領域にあるもの、「その」は相手の領域にあるもの、「あの」は自分でも相手でもない外の領域にあるものを指しているという。

これらを踏まえて昔から考えていたんだけれどね。父親が死んだときにふと疑問に思ったことがあったんだ。

父はあの世に言ってしまったとすれば、俺はこの世にいる。

この世は自分が生きている世界で
あの世は亡くなった方が行く世界。

それならその世ってないのかとずっと思っていたんだ。

日本語の指示語からすれば、「この」は自分の領域にあるもの、「その」は相手の領域にあるもの、ならばなくなった方はその世に行くんじゃないのか?

神道風に考えると、亡くなった方は常に俺たちの周りにいると考えられている。所謂「顕幽一如」、千の風になっての世界観ですね。亡くなった方は自然に帰り私達を見守ると言う。

で、「その」と言うのが相手の領域にあるものならばあの世じゃなくてその世であって、生きている人も無くなった人もその双方の領域より離れたところを「あの世」と言うのではなかろうか?

てな感じで、ふと疑問に思った日曜日のお話でした。

正解は分かりません。まだまだ未熟ですな。

ピックアップ記事

  1. 街中の神社では神木の管理が大変なんだ
  2. 一般人が宮司になるまで ⑤噛み合わない話し合い
  3. 一般人が宮司になるまで ⑲父の死と夢枕で教えてくれた事
  4. 最近の御朱印ブームに思うこと
  5. 沈む夕陽の撮影会

関連記事

  1. コラム

    急いで守谷へ

    研修が終わりました研修の間、台風19号のニュースが気が気であり…

  2. コラム

    神職の階級(中堅神職研修を受講して)

    神職の階と級神職には階と級があります。 階は以前の…

  3. コラム

    レジ袋が有料化され神社はどのような対応をすれば良いのか?

    7月1日よりレジ袋の有料化が始まりました。経済産業省が主導して導入され…

  4. コラム

    なぜ11月15日が七五三の日なのか?

    先日の地鎮祭の時に現場監督さんから何で11月15日が七五三なのか?と言…

  5. コラム

    クランクイン

    先日、あるドラマのクランクインに際しまして撮影安全祈願を奉仕してきまし…

  6. コラム

    新年おめでとうございます。

    新年明けましておめでとうございます。←間違いですよ。新年おめで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ピックアップ

  1. 私にとっての震災10年
  2. 一般人が宮司になるまで ⑲父の死と夢枕で教えてくれた事
  3. 萎む氏子組織と村の氏神神社の将来〜中編
  4. 一般人が宮司になるまで ㉘思い出したくもない結婚式
  5. 龍ケ崎という地名の由来、そして龍住まう郷の利根

アーカイブ

  1. 御朱印集め

    来宮神社の御朱印
  2. 健康

    今日からファスティング、7日間の断食です
  3. 創作作業

    10,000PV
  4. コラム

    決断力
  5. 八坂神社

    BSテレビ東京の『発見!ローカル線聞き込み発見旅』で紹介されます。
PAGE TOP