コラム

なぜ11月15日が七五三の日なのか?

先日の地鎮祭の時に現場監督さんから何で11月15日が七五三なのか?と言う質問を受けました。

…しっかりと答えられなかった。迂闊だったなぁ。七五三の意味は答えられるけれどなんでその日かなんて考えたことがなかった。勉強が足らないよ。

因みに

七歳…女の子が大人用の帯を着ける帯解
五歳…男の子が袴を着ける袴着
三歳…髪を伸ばし始める髪置

って言うのは答えられる。しっかし日にちか〜調べると

七五三の始まりは徳川家の袴着の儀が由来で、なぜ11月15日と言えば15日は旧暦だと満月になるらしいです。確かに暦を見ると旧暦15日前後は満月が多い。月が満ちる満月に行事を行うのは自然なことだね。
で、11月。旧暦11月は冬至を含む月と規定されている。冬至は一陽来復の日で太陽の蘇りが始まる日。

確かに目出度いことが隠されていますね。よく考えられている。そんなことを考えると昔の人は子供の成長にどれだけ縁起を担いでいたか分かるね。

その他にも諸説在るらしいけど神職としてちゃんとインプットしておかないとね。

勉強になりました。

さて、七五三、コロナ対策をして皆様をお待ちしていますよ。

ピックアップ記事

  1. 街中の神社では神木の管理が大変なんだ
  2. 一般人が宮司になるまで ⑱祖父と父の死が教えてくれた事
  3. めざましテレビ
  4. 一般人が神職になるということは〜投稿一覧
  5. 一般人が宮司になるまで ※大切なことです。本編の前に読んで下さい

関連記事

  1. コラム

    餅は餅屋へ行きましょう

    自分でやるから教えてって…もう20年もこの仕事をしているとたまに?…

  2. コラム

    コロナの四波

    お正月くらいにかな?妻とのやり取りでこのコロナは四波は大変厳しいものに…

  3. コラム

    平沼花火大会

    悪疫退散、鎮魂、再生10月某日、私はつくばみらい市の平沼に向かって…

  4. コラム

    あの、その、この。あの世、この世、(その世?)

    あの、その、このあれ、それ、これあなた、そなた、こなた…

  5. コラム

    ブログを始めました

    今ままでブログを始めたいって思ったことはなかったんですね。仕事…

  6. コラム

    広くなった境内で正月を迎えられます

    工事が終わりました。終わったと行っても正月後に少し残してあ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ピックアップ

  1. 街中の神社では神木の管理が大変なんだ
  2. 沈む夕陽の撮影会
  3. 一般人が宮司になるまで ⑲父の死と夢枕で教えてくれた事
  4. 龍ケ崎という地名の由来、そして龍住まう郷の利根
  5. 私が思う富岡八幡宮事件での一番の被害者は?

アーカイブ

  1. 健康

    ファスティング9日目
  2. 祇園祭

    令和2年度祇園祭のポスター
  3. 祇園祭

    初めての胴上げ
  4. 御朱印帳

    NHK NEWS WEB
  5. 私が宮司になるときに

    私が宮司になるときに ⑥宮司の死
PAGE TOP