オピニオン

コロナで見えてきた祭礼の実情

先日のヤフーニュースで石岡市総社宮の祭礼について特集されていましたね。

「オリンピックもやらねんだもん。無理だよな」――祭りの「消えた」街、来年の確約もできない中で【#コロナとどう暮らす】

今、全国で神社の祭礼が軒並み中止、規模縮小になっています。その経済損失は1兆8000億円と言われています。

当社の祇園祭も神賑わい行事が中止となりました。

神事は中止ではない、わかりにくいですね。

さて、この総社宮の記事をみて何よりも注目したのはコメント欄です。コメント欄には様々に意見が寄せられていました。その中で目をひいた意見はこちら。

お祭り中止になって良かった。

※もちろん、この意見は石岡のお祭りが中止になって良かったではなくて、全国的に祭礼の役員に携わっている方のコメントですよ。

この意見が多いのは専らお祭りを運営する側の方々のようでした。私も元々氏子側の人間だったので分かりますが、お祭りは参加しているときは楽しい。しかし、役員になったりすると大きな負担になってしまうのは事実だと思います。私も分かります。青年会の会長始め役員、そして神社の役員になれば物心共に大きな負担が生じます。

なので、ここ数年、私の活動としてはどれだけ地域の方々にこれ以上の負担をかけないように祭礼が行えるかをテーマに活動してきました。特に神社の役員さんは年末年始なども様々な行事で奉仕して下さいます。

しかし、今の世の中の生活様式は大分変わりました。核家族化、一人暮らし、地域行事への参加率の減少、昔のような当たり前の気持ちで行っていると難しい面も多々生まれてきます。祭礼を残すのにどのようなことが出来るだろうか?いつでも試行錯誤です。

ただ、これだけは言えます。地域参加型の祭礼に最も必要な事です。それは

神人和楽

これの気持ちが薄れると祭礼の維持は難しくなってくると思います。

十人いれば意見は違います。お祭りは好きな人、嫌いな人、信仰の篤い人、そもそも神社が嫌いな人。そのような方々が氏子中となり一体となって祭礼を奉仕するわけです。

僕も色んな意見を頂きます。何度も打ち抜かれた経験があります。それでも祭礼は地域にとって必要なものだと思っています。僕は祭礼を行うことによって地域に様々な効果が生まれてきたのも見てきました。

特に過去、お祭りが出来なかった、出来なくなってしまった地域では、祭礼に参加するようになってコミュニケーションが生まれ地域の活性化にも繋がっています。

とは言っても時代の流れもあるわけです。コメント欄の意見に真摯に耳を傾けて何がこの守谷の地域にとって良いのだろうかと悩んでいきたいと思います。

ピックアップ記事

  1. スーパーJチャンネル〜そしてSNSの恐さ〜
  2. めざましテレビ
  3. 一般人が宮司になるまで ※大切なことです。本編の前に読んで下さい
  4. 最近の御朱印ブームに思うこと
  5. 龍ケ崎という地名の由来、そして龍住まう郷の利根

関連記事

  1. オピニオン

    僕は皆さんと点ではなく線のお付き合いをしたい

    僕はこの仕事をする上で皆さんとは点ではなく線のお付き合いをしたいと思っ…

  2. オピニオン

    宮司になりたいと質問がきたんだけどね

    話を一旦逸らしまして…そう言えば以前、Twitter上で宮司に…

  3. オピニオン

    講師になって社家と社家じゃない神職に質問してみた

    一般人が神職になるということはシリーズ…美談も何もなかったでしょう(笑…

  4. オピニオン

    守谷市からマスクとクーポン券が届きました

    守谷市から届きました。中身はマスクとテイクアウトのクーポン券です…

  5. オピニオン

    萎む氏子組織と村の氏神神社の将来〜後編

    私は未来を明るく話す村社の宮司に会ったことが無い。私は神社界の…

  6. オピニオン

    コロナ禍を祭礼を見直す機会にしようよ

    ふとワイドショーを観ていたら視聴者からこんな質問が「新たな生活…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ピックアップ

  1. 一般人が神職になるということは〜投稿一覧
  2. 一般人が宮司になるまで ⑲父の死と夢枕で教えてくれた事
  3. 私が思う富岡八幡宮事件での一番の被害者は?
  4. 萎む氏子組織と村の氏神神社の将来〜後編
  5. 一般人が宮司になるまで ※大切なことです。本編の前に読んで下…

アーカイブ

  1. 試行錯誤

    文字って温度が伝わらない
  2. 一般人が宮司になるまで

    一般人が宮司になるまで ㉙祇園祭の改革
  3. 祇園祭

    神輿が宮入りする姿の美しさ
  4. 一般人が宮司になるまで

    一般人が宮司になるまで ②聖と俗の仕事。どちらも重要な宮司職務の二面性。
  5. 試行錯誤

    少数精鋭の私達
PAGE TOP