オピニオン

コロナで見えてきた祭礼の実情

先日のヤフーニュースで石岡市総社宮の祭礼について特集されていましたね。

「オリンピックもやらねんだもん。無理だよな」――祭りの「消えた」街、来年の確約もできない中で【#コロナとどう暮らす】

今、全国で神社の祭礼が軒並み中止、規模縮小になっています。その経済損失は1兆8000億円と言われています。

当社の祇園祭も神賑わい行事が中止となりました。

神事は中止ではない、わかりにくいですね。

さて、この総社宮の記事をみて何よりも注目したのはコメント欄です。コメント欄には様々に意見が寄せられていました。その中で目をひいた意見はこちら。

お祭り中止になって良かった。

※もちろん、この意見は石岡のお祭りが中止になって良かったではなくて、全国的に祭礼の役員に携わっている方のコメントですよ。

この意見が多いのは専らお祭りを運営する側の方々のようでした。私も元々氏子側の人間だったので分かりますが、お祭りは参加しているときは楽しい。しかし、役員になったりすると大きな負担になってしまうのは事実だと思います。私も分かります。青年会の会長始め役員、そして神社の役員になれば物心共に大きな負担が生じます。

なので、ここ数年、私の活動としてはどれだけ地域の方々にこれ以上の負担をかけないように祭礼が行えるかをテーマに活動してきました。特に神社の役員さんは年末年始なども様々な行事で奉仕して下さいます。

しかし、今の世の中の生活様式は大分変わりました。核家族化、一人暮らし、地域行事への参加率の減少、昔のような当たり前の気持ちで行っていると難しい面も多々生まれてきます。祭礼を残すのにどのようなことが出来るだろうか?いつでも試行錯誤です。

ただ、これだけは言えます。地域参加型の祭礼に最も必要な事です。それは

神人和楽

これの気持ちが薄れると祭礼の維持は難しくなってくると思います。

十人いれば意見は違います。お祭りは好きな人、嫌いな人、信仰の篤い人、そもそも神社が嫌いな人。そのような方々が氏子中となり一体となって祭礼を奉仕するわけです。

僕も色んな意見を頂きます。何度も打ち抜かれた経験があります。それでも祭礼は地域にとって必要なものだと思っています。僕は祭礼を行うことによって地域に様々な効果が生まれてきたのも見てきました。

特に過去、お祭りが出来なかった、出来なくなってしまった地域では、祭礼に参加するようになってコミュニケーションが生まれ地域の活性化にも繋がっています。

とは言っても時代の流れもあるわけです。コメント欄の意見に真摯に耳を傾けて何がこの守谷の地域にとって良いのだろうかと悩んでいきたいと思います。

1+

ピックアップ記事

  1. 一般人が宮司になるまで〜投稿一覧
  2. 取手警察署様より感謝状を頂きました
  3. 一般人が宮司になるまで ⑲父の死と夢枕で教えてくれた事
  4. 萎む氏子組織と村の氏神神社の将来〜前編
  5. 一般人が神職になるということは ⑧忘れられない風景と言葉

関連記事

  1. オピニオン

    うんざりする印鑑至上主義

    今朝、子供達が学校に行くときに印鑑押してと言われたので何だろうと思った…

  2. オピニオン

    萎む氏子組織と村の氏神神社の将来〜中編

    頑張れや頑張ろうはNG頑張れとか頑張ろうって言う言葉は時に上からの…

  3. オピニオン

    ある有名祇園祭の存続に関わる相談を受けて②

    一本の電話私の話を聞きたいとの連絡を受けた。お目にかかるのは二度目…

  4. オピニオン

    芸能人の薬物逮捕における情報リークの疑問

    ※写真は厚労省HPより引用沢尻エリカさんが逮捕されました。ニュ…

  5. オピニオン

    ある有名祇園祭の存続に関わる相談を受けて①

    お祭りの運営が厳しい時代この時代、規模の大きなお祭りを行うのが厳し…

  6. オピニオン

    神社と絵馬と電子マネーと

    神社と電子マネー消費税が10%に増税され、世の中がキャッシュレスに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ピックアップ

  1. 私が宮司になるときに〜投稿一覧
  2. 萎む氏子組織と村の氏神神社の将来〜後編
  3. 私が思う富岡八幡宮事件での一番の被害者は?
  4. 龍ケ崎という地名の由来、そして龍住まう郷の利根
  5. 一般人が宮司になるまで ⑰節分祭という名の修羅場

アーカイブ

  1. 健康

    ファスティング(7日目)
  2. 八坂神社

    4時過ぎた頃に気絶する
  3. 祇園祭

    宮本卯之助商店との神輿修理 ②修復作業見学ツアー
  4. 私が宮司になるときに

    私が宮司になるときに ⑥宮司の死
  5. 祇園祭

    また台風?
PAGE TOP