コラム

自信と過信

私はこの仕事をする前までは人前で挨拶をするという経験がありませんでした。

元来、私は人見知りであがり症なのです。今でも挨拶するときには一呼吸入れて自分に大丈夫だと言い聞かせています。

20代の頃、人前で挨拶する機会が増えてきました。今でも覚えています。当時の総代に突然ホテルに呼ばれました。それは老人会の集まりでした。前に座らされた私はいきなりです、事前通告無しです。では挨拶をもらいますと皆さんに向けてと言われました。頭は真っ白です。何にも言われてないんですから。呼ばれて行ったらいきなり挨拶しろです。これは参りましたね。

それ以来、挨拶はトラウマになりました。挨拶があるだろうと思われる前日は眠れなくなりました。

昔は会議の冒頭で挨拶があるとなると文章にしました。それをプリントアウトし何度も頭にたたき込む。でも結局はダメなんですよ。その文章は暗記であって自分の言葉ではありません。いざ挨拶をすると頭から飛んで真っ白になる。で、恥ずかし思いをするわけです。結局、挨拶上手な方は経験や積み重ねなんだろうと思いました。今、守谷市議会選挙が始まりましたが、やっぱり皆さんは話しが上手ですからね。

ですが、挨拶に慣れてくると皆さんに対して良いことを言わなければと思い始めるんです。神職はそうあるべきみたいな勘違いですね。大きな勘違いです。これがダメなんですよ。で、自分では良いことを言ったつもりになって着席するとコソッと言われるんです。何言ってるか分からないとかもう少し年配者に寄り添った挨拶の方が良いよとかね。

自信をつけようとしてきた結果、自分を過信してしまった良い例です。

挨拶ってヤツには今でも頭を悩ませています。しかし、20年やってくると経験なんでしょうね。少しずつですが頭で考えずに場面場面で言葉が出るようになってきました。いまでは文章など作っていませんし前の晩に眠れない事なんて無くなりましたね(笑)心がけているのは、えー、とかあのー、とか極力言わないことでしょうか。先生業と呼ばれる仕事です。しっかり場面に対応できるように今でもつとめています。

で、今はこう思っています。

自信は経験から。過信は自惚れから。

自信を持つことは大切ですが過信をしてはいけません。

自信と過信は心の中の紙一重ですから。

ピックアップ記事

  1. 私が宮司になるときに ⑲8年間の複雑
  2. 萎む氏子組織と村の氏神神社の将来〜後編
  3. 一般人が神職になるということは ⑧忘れられない風景と言葉
  4. 新・情報7daysニュースキャスター
  5. めざましテレビ

関連記事

  1. コラム

    神社と子供

    子供がいる風景今日は守谷小学校5年生、毎年恒例の写生会でした。…

  2. コラム

    オリンピックでみたゲーム音楽と文化成熟の課程

    東京オリンピックの開会式を観ていました。選手入場前のオーケスト…

  3. コラム

    中堅神職研修

    です。頑張ろう!がんばろう…がんばれ…自分…

  4. コラム

    神職の身分は階級制度

    1月26日付けだったかな?神職身分が二級になりました。ちょうど…

  5. コラム

    若造が奉仕する地鎮祭

    今日、地鎮祭に行ってきました。現地に着いたらすぐにおばあちゃん…

  6. コラム

    レジ袋が有料化され神社はどのような対応をすれば良いのか?

    7月1日よりレジ袋の有料化が始まりました。経済産業省が主導して導入され…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ピックアップ

  1. 街中の神社では神木の管理が大変なんだ
  2. 私が宮司になるときに ⑲8年間の複雑
  3. 一般人が宮司になるまで ⑤噛み合わない話し合い
  4. 一般人が宮司になるまで ⑱祖父と父の死が教えてくれた事
  5. 私が思う富岡八幡宮事件での一番の被害者は?

アーカイブ

  1. 御朱印帳

    談山神社の御朱印
  2. 試行錯誤

    ヤシマ作戦とヤシオリ作戦
  3. 八坂神社

    鳥居のくぐり初め
  4. コラム

    神社と子供
  5. 神社巡り

    能登國一宮 気多大社〜気と氣
PAGE TOP