コラム

火を知らない子供達

私達の仕事にはお焚き上げと言うものがあります。

皆様から帰ってきた御札やお守りを忌み火をもって焼きます。

皆さんはお正月にお焚き上げするものだと思っているでしょうが、基本的に通年で行っています。でないと古札納め所に溜まってしまいますので。年間通すと大変な量になるわけです。なので溜まったらお焚き上げする。今日もお焚き上げしています。正月飾りが帰ってきて大変です。

過去、一度だけお焚き上げしているときに消防車を呼ばれたことがあります。誰かが通報したんでしょう。通報するなら直接行ってくれれば良いのに。守谷市では野外焼却についてこのように定められています。

守谷市の野外焼却について

もちろん、神社も迷惑をかけないように焼却するように心がけていますが如何せん時代の流れ。除夜の鐘も厳しい時代です。お囃子の音色でも警察が呼ばれてしまう時代です。煙はもっと厳しいでしょうね。

さて、ここ数年ですが、境内で火をつけているとお子さんを連れてるお母さんから良く声をかけられるようになりました。大体、このような内容です。

「すみません、子供が火を見たことがないので見学しても良いですか?」

最近、自宅の庭で燃やすことが無くなりました。そしてオール電化の住宅が主流になる中で、家庭で火を見る機会が失われているんでしょうね。ちょっと驚きました。

「火って暖かいんだねぇ」

とか

「火って熱いんだねぇ」
と言ったら
「火傷するからさわっちゃダメよ」

とか。

そんなときのお子さんとお母さんの台詞です。私は子供の頃からの実際の経験の中で親に叱られながらやってはいけないもの、危ないもの、行っては行けない場所、言ってはならないこと等を覚えていったと記憶しています。今、このような時代の中で誤解があるかもしれませんが、子供がそのような経験をする場を失っているんだなと感じる一幕でした。火の有り難さと恐ろしさ。自然のものは表裏一体です。

私の子供の頃は夏祭りなんて子供会の強制参加事業でした(笑)5年生になり夏が来ると夜、公民館に集められてひょっとこの練習。拒否権無し(笑)そして、人前で踊らされる。踊り方は教えてくれない。当時は夜でも大人の付き添いなんてありませんからね。練習は子供だけの世界です。恥ずかしいんですよね。当時は正直言って嫌なんですよ。でも練習後のジュースが美味しい。そしていつの間にか踊れるようになっている。そしてそれがまた楽しい。今に繋がっていく。今でも同級生と飲んでるとその話は出てきますよね。あの先輩、酷かったよな!なんてね。しかし今の時代だとそれは子供の人権無視なるんでしょうね。虐待と呼ばれるのかもしれません。今の時代は子供会も自由参加ですしね。時代の流れです。

最近、テレビでは躾と虐待の狭間をコメンテーター達が大人の顔で大人の論理で議論していました。きっと子供達は大人の角度で計られながら様々な経験をする場所が失われていくんだろうと思います。それが良いことなのか悪いことなのか。もちろん暴力はいけませんが。

楽しい経験だけで生きていく。そんなの無理だろうに。楽しいは時に楽(らく)になってしまう。

火の有り難さと恐ろしさ。自然のものは表裏一体。

人生の楽と苦。人の感情も表裏一体。

私は子供の頃の経験が今に生きています。

ピックアップ記事

  1. 一般人が宮司になるまで ⑤噛み合わない話し合い
  2. 一般人が宮司になるまで ⑲父の死と夢枕で教えてくれた事
  3. 取手警察署様より感謝状を頂きました
  4. 龍ケ崎という地名の由来、そして龍住まう郷の利根
  5. 一般人が神職になるということは〜投稿一覧

関連記事

  1. コラム

    本務神社と兼務神社の違い

    無人の神社にも宮司はいるのか?皆さんも無人の神社をお参りした経験が…

  2. コラム

    学問に王道なし

    8月13日、常総市の一言主神社月次祭に祭員として奉仕させていただきまし…

  3. コラム

    ウッドショック

    昨日は月末で境内を掃除していました。あるハウスメーカーの方がい…

  4. コラム

    新年おめでとうございます。

    新年明けましておめでとうございます。←間違いですよ。新年おめで…

  5. コラム

    バズった?

    ブログを始めて約5ヶ月くらいになりますが、ひとつの投稿がやたらと閲覧…

  6. コラム

    街中の神社では神木の管理が大変なんだ

    先ほどニュースを見てゾッとしました。岐阜県瑞浪市のある…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ピックアップ

  1. 萎む氏子組織と村の氏神神社の将来〜後編
  2. 萎む氏子組織と村の氏神神社の将来〜前編
  3. 一般人が宮司になるまで ⑨退職の申し出
  4. 最近の御朱印ブームに思うこと
  5. 一般人が神職になるということは〜投稿一覧

アーカイブ

  1. 八坂神社

    銀杏がもったいなくて
  2. コラム

    奈良
  3. 祇園祭

    令和元年の祇園祭
  4. 災害の記録

    震災復興事業、みんなの鎮守の森植樹祭
  5. 八坂神社

    神宮大麻暦頒布始奉告祭
PAGE TOP