コラム

カテゴリー5の台風

未だ台風被害のニュースが流れています。それほど甚大な被害がでたんでしょう。

今回の台風19号はスーパータイフーンとアメリカでは紹介されていたらしい。モンスターやビーストなどと記事に掲載されていました。台風19号ハギビスはハリケーンの規模で言うところのカテゴリー5。そんな台風が関東を直撃したわけです。

よく、アメリカでハリケーンが接近し上陸すると家は壊滅、高潮で家が流される、そんな映像が流れます。その後治安が悪くなり、最悪の場合は略奪や暴動が発生する。ニュースで見かけると思います。ハリケーンの上陸は日本との地形やその他の条件が異なりますので一概には言えませんが、今回、そのような台風が上陸するというのでどうなるのだろうか?というのが先ず始めにありました。

伊勢から帰る途中で、妻からは備えに関してどうすれば良いのか連絡を取り合いました。うちの場合は自宅だけじゃないからね。神社も準備しなければならないので……

で、台風が上陸しました。被害はニュースで皆さんがご存じの通りです。未曾有の被害が出ています。過去の台風との比較は出来ませんが、今この時代にダムや堤防など治水も良くなっている中でこれだけの水害です。

以前政権交代があったときの事業仕分けを思い出します。

「スーパー堤防はスーパーは無駄遣いという事で」

なんてやっていましたね。

で、今回は自民党の幹事長は台風19号被害を

「まずまずに収まった」

と発言していましたね。

結局、前者は大局を見ることが出来ないんでしょう。そして後者は局所を見ることが出来ないんでしょう。

前者は政権を取ったばかりで大局が読めず、後者は政権が長すぎて大局しか読まないのか。

思っていても口に出さなくても言い事ってあるだろうに。

でも、私も大勢の前で話す仕事をしていますので、人前で話す難しさはわかっているつもりです。ユーモアや時局ネタを織り交ぜた話の中であっ!と思うことはありますからね。

ただ、このような自然災害が発生した時の日本人の対応はしっかりしていると思いました。略奪行為などなく、駅では順番をしっかり守り忍耐強くこの難しい局面に向かっていました。震災の時にもそうでした。これは思うに昔、日本にあったある制度が現代に残っているからと思います。神職をしていると感じる部分があります。その話は長くなるのでそのうちに。

そう言えば、台風以降、神社では雨漏りするようになってしまいました。

やっぱりなんらかの被害があったんですね。大工さんに修理をお願いしています。この程度で済んだからまだいい。他の地域ではこれよりも大きな被害が出ています。宗教法人では国の援助はいただけませんし復旧は大変だと思います。八坂神社も将来発生し得る被害を想定して課題がいっぱいです。

なんらかの決断をしなければと思案しています。

ピックアップ記事

  1. 一般人が神職になるということは〜投稿一覧
  2. 最近の御朱印ブームに思うこと
  3. 私が宮司になるときに ※大切なことです。本編の前にお読み下さい
  4. 自分の御朱印ルールで八岐大蛇御朱印が出来るまで
  5. 一般人が宮司になるまで ㉙祇園祭の改革

関連記事

  1. コラム

    中堅神職研修

    です。頑張ろう!がんばろう…がんばれ…自分…

  2. コラム

    神職の資格の種類

    神職の資格は浄明正直(じょう、めい、せい、ちょく)に表される。…

  3. コラム

    リーマンショック級のブラックスワン

    リーマンショック級が来ようとしています。新型コロナウイルスの感…

  4. コラム

    本務神社と兼務神社の違い

    無人の神社にも宮司はいるのか?皆さんも無人の神社をお参りした経験が…

  5. コラム

    学問に王道なし

    8月13日、常総市の一言主神社月次祭に祭員として奉仕させていただきまし…

  6. コラム

    新年おめでとうございます。

    新年明けましておめでとうございます。←間違いですよ。新年おめで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ピックアップ

  1. 私が宮司になるときに ※大切なことです。本編の前にお読み下さ…
  2. 私にとっての震災10年
  3. 最近の御朱印ブームに思うこと
  4. 龍ケ崎という地名の由来、そして龍住まう郷の利根
  5. 私が思う富岡八幡宮事件での一番の被害者は?

アーカイブ

  1. 私が宮司になってから

    私が宮司になってから
  2. 健康

    ファスティング(10日目最終日)
  3. 御朱印帳

    三が日に御朱印を直書きで
  4. コラム

    オリンピックでみたゲーム音楽と文化成熟の課程
  5. コラム

    自信と過信
PAGE TOP