コラム

神社と子供

子供がいる風景

今日は守谷小学校5年生、毎年恒例の写生会でした。

神社の将来を見据えたとき、地域の子供達が神社くることは本当に大切なことです。

お宮参り、七五三、夏祭り、そしてこのような授業の中で来てもらうことも。私が神職として奉仕し始めた頃はこのような機会はなかなか恵まれなかったけれど、現在は市内の小学校が町探検や夏祭りの宿題、校外学習などで大勢勉強に来てもらえる様になりました。特に守谷小学校の校歌には八坂神社が歌われているくらい縁があります。

守谷小学校校歌
八坂の銀杏 仰ぎつつ 薬師の丘を 望みつつ
登校の道は 異なるも 古城の門の跡を経て
集うは同じ 守谷校

みんな上手に描いていましたよ。完成したら必ず見に行きますね。

子供の頃の記憶

神社界の問題として懸念されているのが地域の過疎化、核家族による氏子の減少です。人がいなければ神社の維持管理は難しい。宮司不在の兼務神社になればより顕著になります。若者がいない。子供がいない。子供が神社にいる風景。子供の頃に記憶した七五三や山車やお囃子の体験は郷土愛に繋がります。故郷を思う心。それを育てる場所。

神社に子供が来てくれる風景は将来の神社運営には不可欠です。今年の夏もセミを捕まえにきた子供達がいました。そのような子供の姿を見るたびに、この境内で缶蹴りをして遊んでいた自分を思い出します。

ピックアップ記事

  1. 一般人が神職になるということは ⑧忘れられない風景と言葉
  2. 最近の御朱印ブームに思うこと
  3. 龍ケ崎という地名の由来、そして龍住まう郷の利根
  4. 沈む夕陽の撮影会
  5. 一般人が宮司になるまで〜投稿一覧

関連記事

  1. コラム

    神職の階級(中堅神職研修を受講して)

    神職の階と級神職には階と級があります。 階は以前の…

  2. コラム

    NHKで銅板泥棒について報道されましたね【追記】

    先日、神社の銅板泥棒が逮捕されたとの連絡が来ました。NHKで報…

  3. コラム

    一言主神社での研修

    佐々木君、ブログを見てくれてるんだってね。ありがとう。寒いとは思うけど…

  4. コラム

    奈良と伊勢へ

    気になっていたでしょSNS見てる人なら最近、宮司さんはやたら奈良と…

  5. コラム

    希望は夢。目標は現実。

    皆さん何からの目標を持って生きていると思います。また、希望も持っている…

  6. コラム

    急いで守谷へ

    研修が終わりました研修の間、台風19号のニュースが気が気であり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ピックアップ

  1. 一般人が宮司になるまで ⑱祖父と父の死が教えてくれた事
  2. 一般人が宮司になるまで〜投稿一覧
  3. 一般人が神職になるということは〜投稿一覧
  4. 私が宮司になるときに〜投稿一覧
  5. 一般人が宮司になるまで ⑨退職の申し出

アーカイブ

  1. 私が宮司になるときに

    私が宮司になるときに ㉑あとがき〜人生はTrial&Error
  2. プライベート

    結婚記念日
  3. 一般人が宮司になるまで

    一般人が宮司になるまで ⑦トラブルの本質と氏子の理解を得るために
  4. 私が宮司になるときに

    私が宮司になるときに ①言ってはいけない事、それは許されざる事
  5. MAC

    新型iPad Pro
PAGE TOP