コラム

神社と子供

子供がいる風景

今日は守谷小学校5年生、毎年恒例の写生会でした。

神社の将来を見据えたとき、地域の子供達が神社くることは本当に大切なことです。

お宮参り、七五三、夏祭り、そしてこのような授業の中で来てもらうことも。私が神職として奉仕し始めた頃はこのような機会はなかなか恵まれなかったけれど、現在は市内の小学校が町探検や夏祭りの宿題、校外学習などで大勢勉強に来てもらえる様になりました。特に守谷小学校の校歌には八坂神社が歌われているくらい縁があります。

守谷小学校校歌
八坂の銀杏 仰ぎつつ 薬師の丘を 望みつつ
登校の道は 異なるも 古城の門の跡を経て
集うは同じ 守谷校

みんな上手に描いていましたよ。完成したら必ず見に行きますね。

子供の頃の記憶

神社界の問題として懸念されているのが地域の過疎化、核家族による氏子の減少です。人がいなければ神社の維持管理は難しい。宮司不在の兼務神社になればより顕著になります。若者がいない。子供がいない。子供が神社にいる風景。子供の頃に記憶した七五三や山車やお囃子の体験は郷土愛に繋がります。故郷を思う心。それを育てる場所。

神社に子供が来てくれる風景は将来の神社運営には不可欠です。今年の夏もセミを捕まえにきた子供達がいました。そのような子供の姿を見るたびに、この境内で缶蹴りをして遊んでいた自分を思い出します。

ピックアップ記事

  1. 私が宮司になるときに ⑲8年間の複雑
  2. 一般人が宮司になるまで ⑲父の死と夢枕で教えてくれた事
  3. スーパーJチャンネル〜そしてSNSの恐さ〜
  4. 一般人が宮司になるまで ⑤噛み合わない話し合い
  5. 一般人が宮司になるまで ⑱祖父と父の死が教えてくれた事

関連記事

  1. コラム

    紫はきました

    紫はきました。勿体振っていたわけじゃなくてタイミングを逃してい…

  2. コラム

    あの、その、この。あの世、この世、(その世?)

    あの、その、このあれ、それ、これあなた、そなた、こなた…

  3. コラム

    NHKで銅板泥棒について報道されましたね【追記】

    先日、神社の銅板泥棒が逮捕されたとの連絡が来ました。NHKで報…

  4. コラム

    ウッドショック

    昨日は月末で境内を掃除していました。あるハウスメーカーの方がい…

  5. コラム

    践祚と即位の違い

    この写真は、2年前に奈良に行ったときに平城京跡に展示されている高御座の…

  6. コラム

    火を知らない子供達

    私達の仕事にはお焚き上げと言うものがあります。皆様から帰ってき…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ピックアップ

  1. 一般人が神職になるということは〜投稿一覧
  2. 私にとっての震災10年
  3. 萎む氏子組織と村の氏神神社の将来〜中編
  4. BSテレビ東京の『発見!ローカル線聞き込み発見旅』で紹介され…
  5. 私が宮司になるときに ※大切なことです。本編の前にお読み下さ…

アーカイブ

  1. 御朱印集め

    久能山東照宮の御朱印
  2. 一般人が宮司になるまで

    一般人が宮司になるまで ⑬最初で最後の土下座
  3. 祇園祭

    令和最初の祇園祭のテーマを宮本卯之助商店に
  4. 健康

    ワクチン接種後の副反応
  5. 健康

    ファスティングで高校以来の数値です
PAGE TOP