コラム

8月11日を迎えて

無事迎えることが出来ました

8月11日を迎えること出来ました。今はどっと疲れが出ています。旅行の後、休みが全くありませんからね。スケジュール上は17日(土)が休みになってますが無理でしょう。大安土曜日なんて休めるわけがありません。思い返すと令和になってから1日しっかり休んだ日なんてありませんね。5月1日の御朱印行列から始まり、鳥居の竣工式、テレビの取材、祇園祭の準備、そして旅行などの準備で日々追われていました。

ですが、自分の中で今までの一区切りが出来て精神的にはホッとしています。やりきれた気がします。なので、前にも書いたように一旦ここで休憩しようと思います。もちろん、神職を辞めるわけではありませんし、宮司職は責任を持って続けて参ります。普段の社務は行います。一旦休憩というのは大きな事業をせず、自分の足元をもう一度見つめ直そうと言うことです。私は自分自身、神職としての能力に疑問を持つことがあります。もう一度、様々な勉強をしたい。研修を受けたい。神職人生後半戦に向けてもう一度足腰を鍛えたいと思っています。自分の崩した体調も整え直さなきゃならない。

神社としてはまだやるべき事は一杯あるんです。課題はまだまだ。ただこれ以上色んなことをしてしまうと宮司と氏子のスピード感が狂い始めてしまうと思うんですね。神職は少し先の風景を見ながら通り道を確認をして地ならしして氏子さんを案内する様にしなければならない。あんまり宮司が先に行ってしまってはね。氏子さんがついてこられなくなってしまいます。

神社は悠久です。私なんかはその悠久の歴史の中ではほんの一瞬の存在です。自分の代だけで何でも出来るわけではありませんので、将来世代を信じて一旦休憩します。自分の代だけではここまでと言うビジョンを持っています。それだけは晩年までに。そのためにもう一度勉強をして参ります。

思い返せば無人だったこの神社が、今は多くの方々にお参りいただくようになりました。本当に有り難いことです。初めて神社に入った時の記憶は今でも忘れません。


今は全てが懐かしい。

さて、とりあえずは10月の伊勢研修。ホームページの作り直し。祇園祭の特設サイトも作りたいし。来年は学校に通おうか?和歌の勉強もしたいし、祝詞の勉強もしたい。

でも、先ずは家族との時間を作ろうか?今まで何もしてやれなかったから。

ピックアップ記事

  1. 萎む氏子組織と村の氏神神社の将来〜後編
  2. 私にとっての震災10年
  3. 私が思う富岡八幡宮事件での一番の被害者は?
  4. 一般人が神職になるということは ⑧忘れられない風景と言葉
  5. 取手警察署様より感謝状を頂きました

関連記事

  1. コラム

    譲位と退位の違い

    譲位と退位今回の御代替わりは天皇陛下の崩御ではなく譲位という形で行…

  2. コラム

    広くなった境内で正月を迎えられます

    工事が終わりました。終わったと行っても正月後に少し残してあ…

  3. コラム

    リーマンショック級のブラックスワン

    リーマンショック級が来ようとしています。新型コロナウイルスの感…

  4. コラム

    火を知らない子供達

    私達の仕事にはお焚き上げと言うものがあります。皆様から帰ってき…

  5. コラム

    不景気に備えて

    世の中は新型コロナウイルス対策で四苦八苦しています。東京では緊…

  6. コラム

    神社と子供

    子供がいる風景今日は守谷小学校5年生、毎年恒例の写生会でした。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ピックアップ

  1. 私が宮司になるときに ※大切なことです。本編の前にお読み下さ…
  2. ブログを始めました
  3. 一般人が神職になるということは ⑧忘れられない風景と言葉
  4. 龍ケ崎という地名の由来、そして龍住まう郷の利根
  5. 最近の御朱印ブームに思うこと

アーカイブ

  1. 八坂神社

    冬至と日の入り
  2. 祇園祭

    令和最初の祇園祭のテーマを宮本卯之助商店に
  3. 災害の記録

    東日本大震災から9年です
  4. 八坂神社

    台風と神社の管理
  5. プライベート

    気がつけば20年
PAGE TOP