祇園祭

初めての胴上げ

宙を舞う

プロ野球の監督は優勝するとこんな気持ちなのかな?嬉しいだろうな。

ざらい

祇園祭が終わるとこの地域ではざらい(砂洗い、砂払いって書くらしい)と呼ばれる慰労会が各地区で行われる。若者も年配も飲むわけです。今年のお祭りの苦労と喜びを分かち合うわけです。

ざらいは氏子が主体となって行うものなので神職の出番はありません。ですが、お声をかけていただくことがあります。基本的に声をかけていただいたところには全て顔を出しています。今年のお祭りで何があったのか?そんな話しを聞く時間は有意義です。私は神事に忙しく、実際に何があったのかを見ることはほとんどないんですよね。声をかけていただいてそんな話しを聞くのは毎回楽しみだったりします。

お祭りはお酒をともないます。みんな飲みます(笑)なのでお祭り前にはγ-GTPの数値を10(←低すぎ)にして臨みました。体調は万全です(←飲み気満々じゃないよ)。

ある町内の青年会のざらいにお呼ばれしました。いや、とても楽しそうにお酒を飲みます。皆さんが楽しそうな姿を見るだけでもお祭りを続けられる喜びを感じるというものです。お祭りがなければこのような席がないんですからね。守らなきゃ。

で、帰ろうと思い挨拶をした所、会長さんが

胴上げだ!

と言うわけです。会場にいるひとひとひとが私の周りに群がりあっという間に宙を舞っていました。何度、天井が近づいていたんだろう?何度も舞った気がします。なんだかかけ声が掛かっていたように思いましたがもう何が何だか分かりません。ただ、人生でこんな瞬間があるんだなと思いました。嬉しいというか仕合わせというか。

あれから20年。紆余曲折、色んなことがありましたがこの仕事を続けていて良かったなと思いました。お前なんていなくなれと言われてから胴上げしてもらうまでになったんだから。こんなに仕合わせなことはない。

これからも頑張れます。また来年一緒に楽しみましょう。

胴上げしてくれた皆さん、ありがとう。

ピックアップ記事

  1. 萎む氏子組織と村の氏神神社の将来〜後編
  2. 一般人が宮司になるまで ※大切なことです。本編の前に読んで下さい
  3. 一般人が宮司になるまで ⑱祖父と父の死が教えてくれた事
  4. 最近の御朱印ブームに思うこと
  5. 萎む氏子組織と村の氏神神社の将来〜中編

関連記事

  1. 祇園祭

    祭礼は神事と神賑に分けられる

    さて、祇園祭は大幅縮小となりました。中止ではないです。わかりにくいと思…

  2. 祇園祭

    祇園祭初日の御出遣祭

    コロナ禍での祇園祭が始まった。全く今までとは違う形での式典。コ…

  3. 祇園祭

    さて、今年の祇園祭は出来るのか?

    さて、節分が終わったばかりだけれども、今日は八坂神社の総代会で早速、今…

  4. 祇園祭

    2020祭礼問題③日程の発表は節分後に

    来年の祇園祭の日程。現在、関係各所と打ち合わせを進めています。…

  5. 祇園祭

    梅雨

    梅雨があけない。これ、本当に困る。もう二年連続で雨なんだ。去年は台風。…

  6. 祇園祭

    台風の行方

    今日は宵宮今朝の時点で台風はまだ発生していない。明日はどうなるか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ピックアップ

  1. 一般人が宮司になるまで ⑰節分祭という名の修羅場
  2. BSテレビ東京の『発見!ローカル線聞き込み発見旅』で紹介され…
  3. 私にとっての震災10年
  4. 一般人が宮司になるまで〜投稿一覧
  5. めざましテレビ

アーカイブ

  1. 八坂神社

    ごめんね、ありがとう【追記】
  2. 健康

    好転反応と空腹
  3. 八坂神社

    奉賛会が解散して
  4. 八坂神社

    境内で見つけた美しい風景
  5. 健康

    令和最初のファスティング〜7日目(延長戦)
PAGE TOP