コラム

いつか来た道

子供たちを見ていると自分がいつか来た道を見ているようです。

たしか、その道は父親も歩いていたように思います。

父親は踊りが上手いと良く聞かされましたが私は観たことがありません。

その道は内容によって細かく分かれています。

上の子は全部覚えたい、下の子は踊りだけ覚えたい。

どうやら上の子は私の歩いた道が好きなようです。

その道は舗装されていないように感じます。

いや、舗装されていなかった道だったけれど最近は違うようです。

時代の流れか?

私は子供達の練習を見に行くことはしません。

子供が親以外の大人と向き合う時間は財産です。

その道は凸凹しています。

でも下手に舗装しない方が良い。

子供のうちにつまずき方を知る事も必要です。

そして起き上がり方を覚えてもらいたい。

親が行けば舗装されてしまう気がします。

いや、親が舗装してしまうような気がします。

その道には親以外の大人が起き上がり方を教えてくれます。

笑いあり、叱りありで様々な方法で立ち上がらせてくれる道。

だから、私も妻も特に教えません。

そしてその道は最終的にはゴールの土曜日に向け

太い一本道になるわけです。

分かる人は分かる。

私と子供は上町出発で仲下経由の八坂行きでした。

幼なじみは上町の一本道の八坂行きがいたな。

あ、その道には時間の待機所みたいな場所があり、

毎回、そこに集まっては同じ話を繰り返す貴重なループの場所もあります。

笑っちゃうほどバカらしく貴重で物語が繋がっていく場所です。

分かりやすく言えばお酒飲んで同じ話を繰り返し馬鹿話をする場所です。

いつか来た道は結局は僕が来た道なのです。

それは全員が思っていることでしょうね。

あるお爺ちゃんが夕方から酔っ払って上機嫌でやって来ました。

なんか良いことあったんですか?って聞くと

孫が太鼓叩きたいって言うんだよと笑いながら話し、

じゃー太鼓買ってやんないと、と言うと

笑顔でそんなお金ないよ!

ってなことで、

お爺ちゃんの来た道を孫が見つけたようです。

真っ直ぐ伸びた円みたいなものです。

繰り返し、繋がっていく。

いつか来た道はこれからも出来るだけ凸凹の方が良い。

楽しいだけでは人は成長できないのだから。

6+

ピックアップ記事

  1. 私が宮司になるときに ⑲8年間の複雑
  2. 私が宮司になるときに ※大切なことです。本編の前にお読み下さい
  3. 一般人が神職になるということは ⑧忘れられない風景と言葉
  4. 私が宮司になるときに〜投稿一覧
  5. スーパーJチャンネル〜そしてSNSの恐さ〜

関連記事

  1. コラム

    8月11日を迎えて

    無事迎えることが出来ました8月11日を迎えること出来ました。今はど…

  2. コラム

    不景気に備えて

    世の中は新型コロナウイルス対策で四苦八苦しています。東京では緊…

  3. コラム

    神職の資格の種類

    神職の資格は浄明正直(じょう、めい、せい、ちょく)に表される。…

  4. コラム

    急いで守谷へ

    研修が終わりました研修の間、台風19号のニュースが気が気であり…

  5. コラム

    神職の階級(中堅神職研修を受講して)

    神職の階と級神職には階と級があります。 階は以前の…

  6. コラム

    譲位と退位の違い

    譲位と退位今回の御代替わりは天皇陛下の崩御ではなく譲位という形で行…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ピックアップ

  1. 萎む氏子組織と村の氏神神社の将来〜前編
  2. 最近の御朱印ブームに思うこと
  3. 一般人が宮司になるまで ⑨退職の申し出
  4. 萎む氏子組織と村の氏神神社の将来〜中編
  5. 一般人が宮司になるまで ⑰節分祭という名の修羅場

アーカイブ

  1. 創作作業

    10月のPV数とブログの広がり方
  2. コラム

    中堅神職研修
  3. 一般人が宮司になるまで

    一般人が宮司になるまで ⑤噛み合わない話し合い
  4. プライベート

    初めてのあんこ作り(低糖質)
  5. 健康

    寒暖の差
PAGE TOP