オピニオン

ネットの情報で傷つく方々

妻との会話で

今はインターネットで知りたくない情報がすぐに入ってくるから嫌だなぁ

と話して、僕が言ったのは

いや、インターネットの情報は検索して自発的に得るものだから全部とは言わないけれど潜在的には自分がほしい情報なんじゃないの?

情報が簡単に入る時代になりました。神社で言えば御朱印なんて検索すると色んな神社の御朱印が出てきてランキングまであります。そして神社にポイントやランキングまでついています。凄い時代です。

よく食事に行くお店で飲食店をポイントで評価するサイトの話になりました。ここでは書けませんが色々とあるようです。

ただ、趣味趣向は人それぞれで食べ物の味も好みも違うところをその時の気持ちでコメントに残されることがとても残念だと言うことでした。接客もそうです。飲食店で止めて頂きたいことを注意すると注意されたことに対して心ないコメントで返される。それがインターネットでそう言う態度の悪いお店だと広がる。本当に態度の悪いお店なのかもしれないし、ルールを守らないお客だったのかもしれないし。真実は誰も分からない。でもそれがコメントとしてポイントとして世に情報としてあふれてくる。

物事の本質は自分で言って自分で感じてじゃないのかな?

僕なんかもここ数年TVに出るようになってしまいました。TVに出て言葉を発するとそれが一人歩き始めます。その言葉を良く思ってくれる方もいれば何言っているんだという方もいます。御朱印帳なんかの時でもそうでした。令和になり御朱印の取材の時もそうでした。私の周りには特に心ない言葉を直接言ってくる方はいません。ただ、ネットの中ではそうではないようです。TVに出ると必ずと言って良いほど心ない言葉を書き込まれたりします。

妻が見つけたのはそんな中の文章のひとつだったのでしょう。

あったことの無い僕の何を知っているんだよ?

僕の仕事は言葉を発する仕事です。神様の神域を守る仕事をしています。公に出ることが多い仕事なので私は覚悟も出来ていますが家族はつらいかもしれませんね。

私にはなかなかそのような書込をする方々が理解できません。私自身、一回も掲示板やコメント欄に書き込みしたことがないもので。ただ、様々な情報を書き込む際にあなたがもしその言葉を自分に向けられたらどう思うか?クリックする前に読み直してみて下さい。あなた方は匿名かもしれませんが書き込まれる方はそれによって傷つくこともあるんですよ。

ネットの正義というものは一体何なのかな?

客にうんちくを言う頑固親父の蕎麦や、良いじゃないですか。

僕は大好きだよ。

6+

ピックアップ記事

  1. 街中の神社では神木の管理が大変なんだ
  2. 一般人が宮司になるまで ⑨退職の申し出
  3. 私が宮司になるときに〜投稿一覧
  4. 萎む氏子組織と村の氏神神社の将来〜前編
  5. 一般人が宮司になるまで ※大切なことです。本編の前に読んで下さい

関連記事

  1. オピニオン

    萎む氏子組織と村の氏神神社の将来〜後編

    私は未来を明るく話す村社の宮司に会ったことが無い。私は神社界の…

  2. オピニオン

    萎む氏子組織と村の氏神神社の将来〜中編

    頑張れや頑張ろうはNG頑張れとか頑張ろうって言う言葉は時に上からの…

  3. オピニオン

    うんざりする印鑑至上主義

    今朝、子供達が学校に行くときに印鑑押してと言われたので何だろうと思った…

  4. オピニオン

    コロナ禍を祭礼を見直す機会にしようよ

    ふとワイドショーを観ていたら視聴者からこんな質問が「新たな生活…

  5. オピニオン

    祭の意味、祭とイベント、氏子会と実行委員会

    天気は怪しい?令和元年の祇園祭が始まりました。天気が怪しくなってき…

  6. オピニオン

    僕は皆さんと点ではなく線のお付き合いをしたい

    僕はこの仕事をする上で皆さんとは点ではなく線のお付き合いをしたいと思っ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ピックアップ

  1. 龍ケ崎という地名の由来、そして龍住まう郷の利根
  2. 一般人が神職になるということは〜投稿一覧
  3. スーパーJチャンネル〜そしてSNSの恐さ〜
  4. 一般人が宮司になるまで〜投稿一覧
  5. ブログを始めました

アーカイブ

  1. 八坂神社

    鳥居
  2. 祇園祭

    梅雨
  3. プライベート

    明日は七夕なので短冊に願いを込めました
  4. 健康

    令和最初のファスティング〜3日目(酵素ドリンク)
  5. 祇園祭

    令和元年祇園祭を迎えて
PAGE TOP