オピニオン

ネットの情報で傷つく方々

妻との会話で

今はインターネットで知りたくない情報がすぐに入ってくるから嫌だなぁ

と話して、僕が言ったのは

いや、インターネットの情報は検索して自発的に得るものだから全部とは言わないけれど潜在的には自分がほしい情報なんじゃないの?

情報が簡単に入る時代になりました。神社で言えば御朱印なんて検索すると色んな神社の御朱印が出てきてランキングまであります。そして神社にポイントやランキングまでついています。凄い時代です。

よく食事に行くお店で飲食店をポイントで評価するサイトの話になりました。ここでは書けませんが色々とあるようです。

ただ、趣味趣向は人それぞれで食べ物の味も好みも違うところをその時の気持ちでコメントに残されることがとても残念だと言うことでした。接客もそうです。飲食店で止めて頂きたいことを注意すると注意されたことに対して心ないコメントで返される。それがインターネットでそう言う態度の悪いお店だと広がる。本当に態度の悪いお店なのかもしれないし、ルールを守らないお客だったのかもしれないし。真実は誰も分からない。でもそれがコメントとしてポイントとして世に情報としてあふれてくる。

物事の本質は自分で言って自分で感じてじゃないのかな?

僕なんかもここ数年TVに出るようになってしまいました。TVに出て言葉を発するとそれが一人歩き始めます。その言葉を良く思ってくれる方もいれば何言っているんだという方もいます。御朱印帳なんかの時でもそうでした。令和になり御朱印の取材の時もそうでした。私の周りには特に心ない言葉を直接言ってくる方はいません。ただ、ネットの中ではそうではないようです。TVに出ると必ずと言って良いほど心ない言葉を書き込まれたりします。

妻が見つけたのはそんな中の文章のひとつだったのでしょう。

あったことの無い僕の何を知っているんだよ?

僕の仕事は言葉を発する仕事です。神様の神域を守る仕事をしています。公に出ることが多い仕事なので私は覚悟も出来ていますが家族はつらいかもしれませんね。

私にはなかなかそのような書込をする方々が理解できません。私自身、一回も掲示板やコメント欄に書き込みしたことがないもので。ただ、様々な情報を書き込む際にあなたがもしその言葉を自分に向けられたらどう思うか?クリックする前に読み直してみて下さい。あなた方は匿名かもしれませんが書き込まれる方はそれによって傷つくこともあるんですよ。

ネットの正義というものは一体何なのかな?

客にうんちくを言う頑固親父の蕎麦や、良いじゃないですか。

僕は大好きだよ。

ピックアップ記事

  1. 一般人が宮司になるまで ㉘思い出したくもない結婚式
  2. 私が思う富岡八幡宮事件での一番の被害者は?
  3. ブログを始めました
  4. 私が宮司になるときに〜投稿一覧
  5. 一般人が宮司になるまで ⑱祖父と父の死が教えてくれた事

関連記事

  1. オピニオン

    ある有名祇園祭の存続に関わる相談を受けて①

    お祭りの運営が厳しい時代この時代、規模の大きなお祭りを行うのが厳し…

  2. オピニオン

    2020祭礼問題②噂に惑わされぬよう

    オリンピック一年を切って来年、オリンピックがやってくる。8…

  3. オピニオン

    ブログやSNSを閲覧している方々に声をかけられるようになって

    ブログを始めて5ヶ月経ってブログを始めて自分の周りに変化が現…

  4. オピニオン

    平成で一番記憶に残った出来事

    湾岸戦争後、30分で平成は終わる。きっとそれぞれの記憶があ…

  5. オピニオン

    宮司になりたいと質問がきたんだけどね

    話を一旦逸らしまして…そう言えば以前、Twitter上で宮司に…

  6. オピニオン

    怒っています

    僕は大切な氏子さん達を足蹴にされた気分です。何が大切か私が会っ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ピックアップ

  1. 一般人が宮司になるまで ㉘思い出したくもない結婚式
  2. 萎む氏子組織と村の氏神神社の将来〜後編
  3. 龍ケ崎という地名の由来、そして龍住まう郷の利根
  4. 私が宮司になるときに ⑲8年間の複雑
  5. スーパーJチャンネル〜そしてSNSの恐さ〜

アーカイブ

  1. 御朱印集め

    鶴岡八幡宮の御朱印
  2. 健康

    ファスティング11日目〜最終日〜
  3. 試行錯誤

    スーパーJチャンネル〜そしてSNSの恐さ〜
  4. プライベート

    平成30年が終わる
  5. コラム

    奈良と伊勢へ
PAGE TOP