私が宮司になるときに

私が宮司になるときに ⑮審判の時

鳴らない電話

その時を私は実家で待っていた。仏間で父親と話しながら過ごしていた。

13時から始まったその会議は1時間を越えても終わることは無かった。会議が終わると私に電話が掛かってくる事になっていた。

1時間半を越えて連絡はない。

話がまとまらないんじゃない?

と父親に話しかけると父親は黙っていた。

その時の事を良く覚えている。私にはソワソワなんてものは無かった。もちろんワクワクもない。あったのはない、つまりは無。何にも考えていなかった。呼ばれたら行こうくらいだったかな。

ただただ椅子に腰掛け電話が鳴るのを待っていた。テレビを観るわけでも無く、新聞を読むわけでも無く、どこか一つの方向を向いてただ時が過ぎる。待つ時間が長いとも感じなかったな。

この会議の前に、総代長さんが「必ず話をまとめるから安心していて下さい」とおっしゃっていた。もうそれだけで十分だ。

座して待つ

ただ座して待つ。2時間が過ぎた頃に電話が鳴った。

下村さん、社務所の方へお越し下さい。

私は父に行ってくると言い残し、八坂神社へと向かう。社務所のドアを開けると総代達が難しい顔をして座っていた。私が入ってから少しの間静寂があり、その中で年齢の若い総代が笑顔で私に話しかけてきた。

下村さん、一生懸命やってくれよな

下村さん、氏子の意見もちゃんと聞いてくれよな

これで大体の察しはつく。

その後、総代長が場を引き締めるように切り出した。

総代会は全員賛成で下村さんを宮司に推挙いたします。

と。

この瞬間、私は宮司になることを許されたのだ。

そう、許されたのだ。

ピックアップ記事

  1. 一般人が宮司になるまで ⑨退職の申し出
  2. 沈む夕陽の撮影会
  3. 龍ケ崎という地名の由来、そして龍住まう郷の利根
  4. 一般人が宮司になるまで ⑲父の死と夢枕で教えてくれた事
  5. 萎む氏子組織と村の氏神神社の将来〜後編

関連記事

  1. 私が宮司になるときに

    私が宮司になるときに ⑬しかし、まぁ、すっかり、嫌われたんだな

    後任宮司を決めるときあの時のことを振り返ってみよう。変な比喩も無く…

  2. 私が宮司になるときに

    私が宮司になるときに ⑩責任

    自分の責任私は宮司が亡くなってからお葬式までの数日、私は自分…

  3. 私が宮司になるときに

    私が宮司になるときに ⑰反対派と賛成派

    あの日にあった出来事私は宮司になることが許されたあの日、会議で何が…

  4. 私が宮司になるときに

    私が宮司になるときに ⑪私を宮司にしてくれた5人の恩人

    5人の恩人私は今も昔も多くの方々に支えられて今の仕事をしている。多くの…

  5. 私が宮司になるときに

    私が宮司になるときに ⑤そもそも宮司の地位は遺言できるのか

    本当にくだらないことに巻き込まれたと思った。自分が撒いた種だったのだろ…

  6. 私が宮司になるときに

    私が宮司になるときに ⑧宮司は神様が選ぶのか?それとも人間が選ぶのか?

    宮司は神様が選ぶのか?それとも人間が選ぶのか?先日、宮司の地…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ピックアップ

  1. 一般人が宮司になるまで ㉙祇園祭の改革
  2. 一般人が宮司になるまで ※大切なことです。本編の前に読んで下…
  3. 一般人が宮司になるまで ⑲父の死と夢枕で教えてくれた事
  4. 一般人が宮司になるまで ㉘思い出したくもない結婚式
  5. 一般人が宮司になるまで ⑤噛み合わない話し合い

アーカイブ

  1. 御朱印帳

    談山神社の御朱印
  2. 八坂神社

    コロナのせいで毎日残業
  3. 一般人が宮司になるまで

    一般人が宮司になるまで ⑪Live or Die 生きるか死ぬかの話し合い
  4. 試行錯誤

    ブログのタイトルとこれから
  5. 健康

    ファスティング(4日目)
PAGE TOP