私が宮司になるときに

私が宮司になるときに ⑮審判の時

鳴らない電話

その時を私は実家で待っていた。仏間で父親と話しながら過ごしていた。

13時から始まったその会議は1時間を越えても終わることは無かった。会議が終わると私に電話が掛かってくる事になっていた。

1時間半を越えて連絡はない。

話がまとまらないんじゃない?

と父親に話しかけると父親は黙っていた。

その時の事を良く覚えている。私にはソワソワなんてものは無かった。もちろんワクワクもない。あったのはない、つまりは無。何にも考えていなかった。呼ばれたら行こうくらいだったかな。

ただただ椅子に腰掛け電話が鳴るのを待っていた。テレビを観るわけでも無く、新聞を読むわけでも無く、どこか一つの方向を向いてただ時が過ぎる。待つ時間が長いとも感じなかったな。

この会議の前に、総代長さんが「必ず話をまとめるから安心していて下さい」とおっしゃっていた。もうそれだけで十分だ。

座して待つ

ただ座して待つ。2時間が過ぎた頃に電話が鳴った。

下村さん、社務所の方へお越し下さい。

私は父に行ってくると言い残し、八坂神社へと向かう。社務所のドアを開けると総代達が難しい顔をして座っていた。私が入ってから少しの間静寂があり、その中で年齢の若い総代が笑顔で私に話しかけてきた。

下村さん、一生懸命やってくれよな

下村さん、氏子の意見もちゃんと聞いてくれよな

これで大体の察しはつく。

その後、総代長が場を引き締めるように切り出した。

総代会は全員賛成で下村さんを宮司に推挙いたします。

と。

この瞬間、私は宮司になることを許されたのだ。

そう、許されたのだ。

ピックアップ記事

  1. 萎む氏子組織と村の氏神神社の将来〜中編
  2. 新・情報7daysニュースキャスター
  3. 私が思う富岡八幡宮事件での一番の被害者は?
  4. ZIP!
  5. 街中の神社では神木の管理が大変なんだ

関連記事

  1. 私が宮司になるときに

    私が宮司になるときに ⑱挨拶回りと苦笑い

    就任予定神社への挨拶回り後任宮司の話し合いが終わり、就任予定の神社…

  2. 私が宮司になるときに

    私が宮司になるときに ②ある予感、そして私の宮司就任がなくなった

    私にはある予感があった。それは宮司の話は無しになるだろうというものだっ…

  3. 私が宮司になるときに

    私が宮司になるときに ③異変

    異変、それは突然のことだった年月は巡り平成21年4月。八坂神社の…

  4. 私が宮司になるときに

    私が宮司になるときに ⑬しかし、まぁ、すっかり、嫌われたんだな

    後任宮司を決めるときあの時のことを振り返ってみよう。変な比喩も無く…

  5. 私が宮司になるときに

    私が宮司になるときに ※大切なことです。本編の前にお読み下さい

    どうしようか悩んだけれどここ数日、パソコンを眺めてはどのように文章…

  6. 私が宮司になるときに

    私が宮司になるときに⑳順風満帆迷うこと無し

    お祭りが終わる度に私が宮司になり、祭祀の長として、法人の代表として実際…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ピックアップ

  1. 龍ケ崎という地名の由来、そして龍住まう郷の利根
  2. 一般人が宮司になるまで ㉙祇園祭の改革
  3. 一般人が宮司になるまで〜投稿一覧
  4. 一般人が宮司になるまで ⑤噛み合わない話し合い
  5. 萎む氏子組織と村の氏神神社の将来〜後編

アーカイブ

  1. 試行錯誤

    ずっと思っていた
  2. 一般人が宮司になるまで

    一般人が宮司になるまで ⑩責任役員会と総代会の違い
  3. 御朱印集め

    来宮神社の御朱印
  4. 一般人が神職になるということは

    一般人が神職になるということは ⑥神職養成講習会
  5. プライベート

    亡くなった父の不思議な夢
PAGE TOP