オピニオン

平成で一番記憶に残った出来事

湾岸戦争

後、30分で平成は終わる。

きっとそれぞれの記憶があることでしょう。僕は一つ選べと言われたらこれなんだな。

「湾岸戦争」

見える戦争と呼ばれた湾岸戦争は、戦争を知らない僕にはショックだった。

平成3年に砂漠の嵐作戦と呼ばれたその戦争はブッシュ大統領のこの会見で知った。

一番最初に見た映像は暗闇の中でミサイルがバグダッドを襲う光の映像。

確か高校一年生の時で食い入るようにテレビを見た。人生の中で初めて戦争というものを感じた出来事。それはテレビゲームのような空爆の映像や油田に火をつけて撤退するイラク軍。

ペルシャ湾に石油が流されて油まみれになる海鳥。

人間の盾と呼ばれる人々。

多国籍軍と呼ばれる国連軍がイラクを攻める中でお金を出す出さないで揉めてる日本の国会。

きっと、それぞれ平成の記憶はあるでしょう。僕は湾岸戦争が思春期に残した記憶が鮮明に残っている。人生で初めてこんなことを考えたんだろう。

「これからどうなるんだろう?」

って。

未来というものを初めて意識した瞬間かもしれない。初めて物事を真剣に考えようと思った瞬間かもしれない。

「なんでこんなことになったんだろう?」

って。

確かに平成の御代には日本に戦争はなかった。本当に良い時代だったと思う。でも世界では戦争はテロという形で行われている。

令和の御代が世界でも戦争がない平和な時を共有できる時代でありますように。

ピックアップ記事

  1. 一般人が宮司になるまで〜投稿一覧
  2. 私が宮司になるときに〜投稿一覧
  3. 一般人が宮司になるまで ⑤噛み合わない話し合い
  4. 萎む氏子組織と村の氏神神社の将来〜前編
  5. スーパーJチャンネル〜そしてSNSの恐さ〜

関連記事

  1. オピニオン

    ある有名祇園祭の存続に関わる相談を受けて②

    一本の電話私の話を聞きたいとの連絡を受けた。お目にかかるのは二度目…

  2. オピニオン

    コロナで見えてきた祭礼の実情

    先日のヤフーニュースで石岡市総社宮の祭礼について特集されていましたね。…

  3. オピニオン

    ある有名祇園祭の存続に関わる相談を受けて①

    お祭りの運営が厳しい時代この時代、規模の大きなお祭りを行うのが厳し…

  4. オピニオン

    コロナ禍を祭礼を見直す機会にしようよ

    ふとワイドショーを観ていたら視聴者からこんな質問が「新たな生活…

  5. オピニオン

    講師になって社家と社家じゃない神職に質問してみた

    一般人が神職になるということはシリーズ…美談も何もなかったでしょう(笑…

  6. オピニオン

    私が思う富岡八幡宮事件での一番の被害者は?

    ※この画像は富岡八幡宮のHPより引用させていただいております。新しい宮…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ピックアップ

  1. 一般人が宮司になるまで ㉘思い出したくもない結婚式
  2. 私にとっての震災10年
  3. 最近の御朱印ブームに思うこと
  4. 龍ケ崎という地名の由来、そして龍住まう郷の利根
  5. めざましテレビ

アーカイブ

  1. 一般人が宮司になるまで

    一般人が宮司になるまで ⑪Live or Die 生きるか死ぬかの話し合い
  2. 創作作業

    Clubhouse
  3. 八坂神社

    令和元年初日は想定外で
  4. コラム

    ウッドショック
  5. 八坂神社

    出来るだけ感染対策をして
PAGE TOP