祇園祭

宮本卯之助商店との神輿修理 ④帰ってきた神輿

神輿を迎える準備

7月、神輿が神社へ帰ってくる。総代さん達は神輿を迎える準備で忙しい。祭の直前に帰ってくるのでそのまま社殿に飾りましょうって事になって。

拝殿へ迎える準備をし、今か今かと神輿が到着するのを待つ。なんて言ったって一年ぶりである。主のいない神輿蔵は何となく寂しい。

トラックが到着した。

そして職人によって神輿が境内へ運ばれる。

この時の私の心境は嬉しいのとホッとしたので色んな感情が湧いていたなぁ。ただ氏子の皆さんに喜んでもらえたら良いなと。聞けばその年の神輿の担ぎ手の競争率は高かったらしい。うちの神輿は交代制ではなく24人の選抜制。そんな話を聞くだけで嬉しい。余談だけれど、宮本宇野佑商店の職人さん達は24人で担ぐことを信じていなかったらしい。営業さんがこの目で見てきたので間違いないですって親方に話してもなかなか信じてもらえなかったらしいよ。このクラスの神輿は80人くらい必要だって。何で交代しないのかって?江戸時代に決められたルールなんだよ。古文書に書いてあった。それを氏子さんはずっと守ってきているわけだ。伝統を守り続ける氏子さんは素晴らしいよ。

一度境内でチェック。費用が費用だけにここのチェックは厳しいよ。みんなで神輿をガン見です

そして社殿へ。毎年そうだけど、これが難関なんですよ。測ったかのようにギリギリなんです。だからベテラン役員の力が必須。

宮本卯之助商店の指導で飾り付け。この飾り紐が神輿の華やかさを増しています。飾り紐が追加注文だったんだね。最初は普通の紫紐だったけど、総代さん達が金の編み目細工の飾り紐に変更してくれました。値段は上がるけれど長持ちするし神輿の美しさも際立つと言うことで、前回の投稿にも書いたけれど総代さんの熱意ですよ。

老舗の技術は素晴らしいよ。本当に美しい。

神輿が帰ってきた噂を聞きつけて何人も見学に来てたな。とは言ってもお祭りまでまだまだやることが盛りだくさんで。次は神輿竣功の祝賀式典だ。

ピックアップ記事

  1. 一般人が神職になるということは ⑧忘れられない風景と言葉
  2. ブログを始めました
  3. 一般人が宮司になるまで ⑲父の死と夢枕で教えてくれた事
  4. ZIP!
  5. 一般人が宮司になるまで〜投稿一覧

関連記事

  1. 祇園祭

    コロナ禍の祇園祭に向かって

    祇園祭が終わりました。先ずは、祇園祭斎行に向けてご協力ご支援い…

  2. 祇園祭

    宮本卯之助商店との神輿修理 ⑥祇園祭とアフターケア

    神輿は直った。謹製当時の状態に戻って帰ってきた。そして本祭り当日を迎え…

  3. 祇園祭

    祇園祭は延期

    さてどうしようか?ここ最近、頭をフル回転させていました。いま、頭の中に…

  4. 祇園祭

    また台風?

    昨年は変な台風がやって来たうちのお祭りは雨が降る。これは定説です。…

  5. 祇園祭

    今日は祇園祭

    今日は祇園祭。毎年のお祭りの朝。お風呂に入り赤飯を食べる。…

  6. 祇園祭

    祭礼は神事と神賑に分けられる

    さて、祇園祭は大幅縮小となりました。中止ではないです。わかりにくいと思…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ピックアップ

  1. 一般人が宮司になるまで ※大切なことです。本編の前に読んで下…
  2. 一般人が宮司になるまで ⑲父の死と夢枕で教えてくれた事
  3. 萎む氏子組織と村の氏神神社の将来〜前編
  4. 龍ケ崎という地名の由来、そして龍住まう郷の利根
  5. 私が宮司になるときに〜投稿一覧

アーカイブ

  1. コラム

    不景気と神社
  2. 八坂神社

    NHK NEWS WEB 首都圏 茨城
  3. 健康

    体調が戻らない
  4. コラム

    龍ケ崎という地名の由来、そして龍住まう郷の利根
  5. 健康

    ファスティングその後〜回復食大失敗〜
PAGE TOP