災害の記録

震災復興事業、みんなの鎮守の森植樹祭

鎮守の森を復活させる復興事業

平成25年5月。私は城県亘理郡の川口神社へと向かいました。震災後、沿岸部の地域では津波の被害により鎮守の森が失われたというので鎮守の森復活プロジェクトが以下の団体により行われていました。

主催:川口神社
共催:日本財団
事業運営:一般財団法人日本文化興隆財団
後援:神社本庁・宮城県神社庁
監修:宮脇昭(横浜国立大学名誉教授)・NPO法人国際ふるさとの森づくり協会

「みんなの鎮守の森植樹祭」-川口神社-
私も参加したく、茨城の神職と共に亘理へ向かいました。新聞の記事にもなっていました。赤ジャージは私です。

多くの神職は当日入りでしたが、私は先輩神職と2人で前日入りです。現地でお金を使うことも復興の手助けだよなんて良いながら前日の仙台の町でしっかり美味しい物を頂いて参りました。先輩神職がホテルの受付嬢に美味しいお店教えて下さいと聞く。そして教えてもらったお店がこちらで…

とにかく刺身が大きくて…やっぱりガイド本よりも地元の方に聞くのが一番だな。

2000本の苗木を植樹

植樹の前に神社をお参りしましました。

宮城県亘理町に鎮座する川口神社の神輿です。津波で流された神輿です。震災復興支援に伺った時に修復されたお神輿がお披露目されていました。震災後、困難な状況でも被災地の方々は祭りを行いました。震災発生時、世界は略奪や暴動を起こさない日本人に心からの敬意を表しました。食べ物を分かち合い助け合いながら共同体を保とうとする日本人を『一体』と言う言葉を使い報道しました。それらは神道などの影響で日本人は個と同時に地域社会を考慮すると言及していました(ABCニュース)。私たちにとって当たり前の行動も、祖先から受け継いできた大切な財産であることを気づかされました。
そして、植樹です。
子供達の手で植えられていきます。
赤ジャージは私です。

大勢で2000本の苗木が植えられました。その後はどうなったんだろう?無事に育ってくれてたら嬉しいんだけどな。いつかまた行ってみたいな。被災地に鎮守の森が蘇りますように。

で帰りは…

牛タン頂きました!

2+

ピックアップ記事

  1. 一般人が宮司になるまで〜投稿一覧
  2. 一般人が宮司になるまで ⑰節分祭という名の修羅場
  3. BSテレビ東京の『発見!ローカル線聞き込み発見旅』で紹介されます。
  4. 一般人が宮司になるまで ⑲父の死と夢枕で教えてくれた事
  5. 一般人が宮司になるまで ※大切なことです。本編の前に読んで下さい

関連記事

  1. 災害の記録

    大雨

    2016年だったかな?茨城の大雨は。初めて聞く言葉。線状降水帯。携…

  2. 災害の記録

    福島での被災地ボランティアの記録

    原発から31kmの地。福島県久ノ浜2011年9月。私は神道青年会が…

  3. 災害の記録

    東日本大震災の記録

    2011年3月11日あの日、私は守谷市御所ヶ丘という場所で地鎮祭の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ピックアップ

  1. 最近の御朱印ブームに思うこと
  2. 一般人が宮司になるまで ㉘思い出したくもない結婚式
  3. 一般人が宮司になるまで ⑱祖父と父の死が教えてくれた事
  4. 一般人が宮司になるまで ⑨退職の申し出
  5. ZIP!

アーカイブ

  1. 災害の記録

    東日本大震災の記録
  2. 健康

    ファスティング回復食(スッキリ大根)
  3. 私が宮司になるときに

    私が宮司になるときに ⑲8年間の複雑
  4. 災害の記録

    福島での被災地ボランティアの記録
  5. オピニオン

    私が思う富岡八幡宮事件での一番の被害者は?
PAGE TOP