八坂神社

境内で見つけた美しい風景

その時、同級生に呼ばれて

こっちに来てみなよ!

同級生が私の妻が一緒になって私を呼んでいる。なんだ?と思ってそちらに足を傾けると見たこともない風景が目に飛び込んできた。

太陽が鳥居の真ん中に来ていた。18年間、八坂神社に勤めていたけれど見たこともない風景。いままで気がつかなかった。いや、気がつけなかったんだ。今、八坂神社の周辺では道路の開発で近隣の方々が立ち退きを始めている。お向かいの方も昨年立ち退いた。そうしたらこのような風景が生まれた。今まで気が付けなかったんだ。こんな風景があるなんて。そして後ろを振り返る。

光が差している。本殿のご神体の方へ向けて。参道だけが輝いている。何とも言えない風景が言葉にならないほどに美しい。総代さん達に教えたら何人かが見たいと後日集まってきた。みんな、その風景に手を合わせていた。写真よりもやはりこの目で見た方が美しい。

18年間、ずっと疑問に思っていたこと

ずっと思っていたんだ。なんで八坂神社は西向きなんだろう?そして土盛りをして建てられているんだろう?って。道路があるからか?場所が空いていたからか?400年前の事は今更分からない。疑問に思っていたって答えなんか出るわけでもなく何時しか深く考えるのを止めていた。

でも、きっとこれだったんだと思う。古の人達はこの風景を知っていたんだと思う。そうでなければ元日の日の入りに鳥居の真ん中に来るように神社が建立されているなんて有り得ないでしょう?きっと計算されて八坂神社は建てられていたんだと思ったときに心の中のモヤモヤがスーッと消えていた。

ここ数日、夕日が沈むのを妻や総代や近所の人達と眺めている。何度見ても美しい。

ただただ古の人達へありがとう。

ピックアップ記事

  1. 私が宮司になるときに ⑲8年間の複雑
  2. 龍ケ崎という地名の由来、そして龍住まう郷の利根
  3. 一般人が宮司になるまで ※大切なことです。本編の前に読んで下さい
  4. 一般人が宮司になるまで ㉘思い出したくもない結婚式
  5. 一般人が宮司になるまで ⑱祖父と父の死が教えてくれた事

関連記事

  1. 八坂神社

    沈む夕陽の撮影会

    今年のお正月は境内放送で夕陽が鳥居の中心付近を通る時間をアナウンスしま…

  2. 八坂神社

    令和時代が始まって1年

    今日で令和時代が始まり1年。この1年、本当に色々な事がありまし…

  3. 八坂神社

    守谷市のプロモーション動画【動画追加】

    先日、守谷市のプロモーション動画の撮影がありました。守谷市のプ…

  4. 八坂神社

    まったく…

    私の人生の中で今日という日は忘れられない日になるでしょう。私も…

  5. 八坂神社

    初詣の準備真っ最中

    初詣の準備真っ最中です。現在21時ですが社務所に籠もって準備しています…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ピックアップ

  1. 一般人が宮司になるまで ㉘思い出したくもない結婚式
  2. 一般人が宮司になるまで ⑲父の死と夢枕で教えてくれた事
  3. 一般人が宮司になるまで ㉙祇園祭の改革
  4. 萎む氏子組織と村の氏神神社の将来〜中編
  5. 一般人が神職になるということは〜投稿一覧

アーカイブ

  1. 神社巡り

    徳川家康公を祀る東照宮の創祀、久能山東照宮
  2. 一般人が宮司になるまで

    一般人が宮司になるまで ⑬最初で最後の土下座
  3. 試行錯誤

    同じ記事にアクセス集中
  4. 健康

    滝汗(今のダイエット、健康管理法)
  5. 神社巡り

    韓信の股くぐり?
PAGE TOP