一般人が宮司になるまで

一般人が宮司になるまで ㉑初めての七五三と15年後の七五三

本格的に神社の活動を始めなければ

夏が過ぎて秋がやってくる。

夏にあったことは気持の中で消化し、この頃の私は神職でやっていくための活動を本格化していた。座して待っていても仕方がないからだ。収入がまだ無い。このままじゃ暮らしていけない。早いとこ仕事として成り立たせないと限界が来てしまう。たまにある祈祷の収入は全て神具や装束、宣伝費などに全て消えて行く。未来への投資だから仕方が無い。

先ずは七五三だ。無人の神社が有人になって活動をしている。それを知ってもらうには容易ではない。100年無人だった神社の認識をひっくり返すのは大変だ。

とにかく、活動をしていることを知ってもらうためには広報活動をしなければならない。少ない予算の中で何を優先にするかと言えば先ずは境内内に看板を設置すること。七五三を迎える前に先ずはそこから始めよう。

で、最初の看板を設置しました。

一番最初に立てた看板です。伊勢を巡っていたときに見つけた小さな神社の看板を参考にさせていただきました。もう15年経っています。

さて、千歳飴を用意…したくてもどれだけ用意すれば良いのか分からないので、不二家の千歳飴を用意して袋だけ購入する。

そして、初めての七五三でお参りいただいた子供の数は……

6人!

です。

あぶないあぶない、たくさん飴用意しないで良かった…でも0人から6人になったんだ。見つけてくれた人がいるだけでも有り難い。毎年、コツコツと頑張ろう。

あれから15年後…

そして15年が過ぎた。今日の七五三の風景はこんな感じです。

多くの方々にお参りいただくようになりました。

見つけてくれてありがとう。

ピックアップ記事

  1. 萎む氏子組織と村の氏神神社の将来〜後編
  2. 街中の神社では神木の管理が大変なんだ
  3. 一般人が神職になるということは ⑧忘れられない風景と言葉
  4. 萎む氏子組織と村の氏神神社の将来〜前編
  5. ZIP!

関連記事

  1. 一般人が宮司になるまで

    一般人が宮司になるまで ⑨退職の申し出

    そして終わりだと思った年度が替わり、焦燥感と脱力感が入り交じる。…

  2. 一般人が宮司になるまで

    一般人が宮司になるまで ⑫話し合いの果てに

    前回の投稿、この最後の一言によって話し合いが動き始めた。一つの…

  3. 一般人が宮司になるまで

    一般人が宮司になるまで ㉙祇園祭の改革

    将来を見据えた自分への課題この頃、私は2つの課題を自分に課していた。1…

  4. 一般人が宮司になるまで

    一般人が宮司になるまで ⑭ここまでを振り返って【追記】

    ここまで読んでどのように感じましたか?長くて読み飽きた人もいるかも…

  5. 一般人が宮司になるまで

    一般人が宮司になるまで ㉒八坂神社公式ホームページの歴史

    神社界はまだホームページを利用していなかった頃私の前職はwebデザイナ…

  6. 一般人が宮司になるまで

    一般人が宮司になるまで ⑪Live or Die 生きるか死ぬかの話し合い

    舗装された道を真っ直ぐ歩くのは容易い。しかし、人生を真っ直ぐ歩むのは苦…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ピックアップ

  1. 一般人が神職になるということは ⑧忘れられない風景と言葉
  2. 一般人が宮司になるまで ⑰節分祭という名の修羅場
  3. 私が宮司になるときに ※大切なことです。本編の前にお読み下さ…
  4. 萎む氏子組織と村の氏神神社の将来〜後編
  5. 一般人が宮司になるまで ㉙祇園祭の改革

アーカイブ

  1. コラム

    なぜ11月15日が七五三の日なのか?
  2. 八坂神社

    レーザー彫刻機を購入しました
  3. 八坂神社

    年末の神職を忙殺する神宮大麻頒布(体力、日程的に無理です)
  4. 健康

    令和最初のファスティング〜準備食二日目
  5. コラム

    クランクイン
PAGE TOP