一般人が宮司になるまで

一般人が宮司になるまで ⑪Live or Die 生きるか死ぬかの話し合い

舗装された道を真っ直ぐ歩くのは容易い。しかし、人生を真っ直ぐ歩むのは苦しい。後ろから後押してくれる人、前を遮る人、横から小突く人、声をかけてくれる人、通り過ぎるだけの人。睨む人。真っ直ぐ歩むのは難しい。横道に逸れることも必要だし、一度止まることも必要だと思う。進み方は人それぞれだろう。自分が想像したゴールがあり、それに少しでも近づいているようならその人にしか分からない遠回りの近道なのだと思う。

私は、この時から石橋をたたくことを止め、大股で歩きだした。 乾坤一擲の時だ。

平成14年10月責任役員会

宮司は責任役員会の招集をかけた。議題はもちろん私のことだ。神社の運営をどうするかが議題だ。責任役員会が開かれることを知り、私は再度宮司宅に伺い、私の考え方と要望を話した。私は禰宜なので責任役員会に出席出来ない。お任せするしかない。言わば、まな板の鯉みたいなものだ。私は要望を話しはしたが最初からこの会議で決まるわけないと分かっていた。案の定、決まらなかったとの連絡が来る。

宮司「問題が大きすぎて責任役員会では決められないそうだ。後日、総代を集めて総代会を開催する。下村君も総代会に出席しなさい。」

やっぱり、そうなったか……

本当は責任役員会で決めることなんだけどね。絶対無理だと思っていた。そして、その会議に出席するように連絡が来た。神職を志して2年近く。私は総代に気がついて貰おうと努めはしたが、公に意見をしたことはない。その立場ではないし、大切なのは気づきだと考えていたからだ。しかし、今回は違う。会議に出て意見を述べろと言われている。正に乾坤一擲の時だ。私は総代会の前に何人かの総代、そして新しい会計さんなどに総代会での支援をお願いした。私の考えに理解を持ってくださる方々もいてくれた。応援してくれる人もいる。その支えがここまで何があってもにそれでも、それでもの気持ちでやってこれたんだと思う。きっと、結果によっては氏子総代の前で行う最初で最後の意見を述べる場になる。後悔の無いようにしなければ。そして、総代会が開催された。

平成14年10月25日八坂神社総代会

この日、宮司始め総代、事務方が全員が集まり、私の前で私の事を話し合う。今でも会議の内容は覚えている。でも文章にすることは出来ない。ここは私だけに仕舞っておこう。ちょっと内容が厳しすぎる。ある人は私を否定し、ある人は私を応援し、ある人は宮司に意見し、ある人は私に黙ってろと言い、意見によっては私も反論した。

要約すれば、『神社に宮司が常駐したせいで氏子が離れていくと言う意見(宮司に神社を乗っ取られる)』と将来『宮司が常駐すれば神社は繁栄すると言う意見(宮司を応援するのは氏子の責務)』がぶつかっているわけで。

宮司ははっきりとした意見を言わない。何故ここで規則や法律の話をしてくれないのか?無言が混乱に拍車をかける。だが、私もここがラストチャンスなので自分の考え方、将来の事、覚悟、今までこのブログで綴ってきたような話を伝える。もう、黙っていても仕方が無い。ここは議論の場だ。相手は私よりも60歳くらい年上の方ばかり。生意気に見えたろう。議論も出尽くした頃……

総代「若くして神社を守ろうとしてくれてる宮司を応援するのが氏子じゃないのか?これまでだって下村さんは頑張ってたのを見てやれないのか?神社を見てみろよ。綺麗になっているだろうよ。俺は、総代は宮司を応援するっていうのが筋だと思う」

そう、父が困ったときには相談しろと紹介してくれた総代さんだ。当時、9人の総代の中で一番若い総代さんだ。意見を言うのも大変だろうに。私は表情は崩さなかったが泣きそうなくらいに嬉しかった。

その意見を境に会議は少しずつ前へ前へと動きはじめた。

私は今も昔も支えられて生きている。

9+

ピックアップ記事

  1. 私が思う富岡八幡宮事件での一番の被害者は?
  2. 一般人が宮司になるまで ⑱祖父と父の死が教えてくれた事
  3. 最近の御朱印ブームに思うこと
  4. 一般人が宮司になるまで ㉙祇園祭の改革
  5. 一般人が神職になるということは ⑧忘れられない風景と言葉

関連記事

  1. 一般人が宮司になるまで

    一般人が宮司になるまで ⑤噛み合わない話し合い

    権利の主張なのか?恩知らずなのか?役職は違えども同じ神職なのに、海…

  2. 一般人が宮司になるまで

    一般人が宮司になるまで ⑰節分祭という名の修羅場

    この話は私が神職になった18年間で一番の修羅場だったろうと今でも思って…

  3. 一般人が宮司になるまで

    一般人が宮司になるまで ㉗それでも…それでもだ

    それでもそれでも私が心の中でよく使う言葉だ。平成1…

  4. 一般人が宮司になるまで

    一般人が宮司になるまで ㉒八坂神社公式ホームページの歴史

    神社界はまだホームページを利用していなかった頃私の前職はwebデザイナ…

  5. 一般人が宮司になるまで

    一般人が宮司になるまで ㉚祇園祭の変わり目と芽生えた自信

    突然の連絡平成18年祇園祭。祇園祭最終日。当日の朝、突然の…

  6. 一般人が宮司になるまで

    一般人が宮司になるまで ㉕気をつけろと言われても人間関係は難しい【追記】

    人間関係は難しい。ちょっとしたことで歪んでしまう。信用を得るにはどれだ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ピックアップ

  1. 私が宮司になるときに ※大切なことです。本編の前にお読み下さ…
  2. 最近の御朱印ブームに思うこと
  3. 一般人が神職になるということは ⑧忘れられない風景と言葉
  4. 一般人が宮司になるまで ⑨退職の申し出
  5. 一般人が宮司になるまで ※大切なことです。本編の前に読んで下…

アーカイブ

  1. コラム

    神職の階級(中堅神職研修を受講して)
  2. 祇園祭

    宮本卯之助商店との神輿修理 ⑥祇園祭とアフターケア
  3. 八坂神社

    奉賛会が解散して
  4. 試行錯誤

    営業なんかやってない
  5. 八坂神社

    台風がやって来ると胃が痛くなる
PAGE TOP