一般人が宮司になるまで

一般人が宮司になるまで ⑦トラブルの本質と氏子の理解を得るために

宗教法人法律関連のトラブルシューティングの本に

参考までに、ここにある法律の本があります。宮司と話し合いをするときに私はこれを持って話し合いをしました。神社に言い換えます。

長い間無人の神社に奉職しました。今までの慣習で、収入は会計担当と称する人が管理しています。これでは私は生活できませんので給料制にしてほしいと要求したら今度の神職は欲張りだと評判がたってしまいました。どうすれば良いのでしょうか?

回答はこうです。

分かりやすく言えば、

代表役員が居ない場合は、総代の資産の管理は民法上の事務管理に該当し、代表役員が新たに就任したときには、会計は終了し新代表役員の請求により管理を移管する。

代表役員は役員報酬という形で支給する。禰宜の場合には給与を支給する。神社でもお寺でも宗教法人は全て同じです。

これらがこの問題の大きな本質で、『新代表役員が就任したときに終了する』とあります。私のケースでは新代表役員は就任しませんでした。禰宜に就任しました。宮司以外の神職はなんの権限もありません。このことが話を複雑にしました。ですが、私は新代表役員に就任しなかったことを良かったと思っています。自分を理解してもらうための大切な時間を頂けましたから。

氏子の理解を得るために

次に綴っていくお話は、氏子にどうしたらこのことを理解してもらえるか?です。当時の私が必死で考え出した唯一の方法でした。もしかしたら遠回りじゃないかと思うかもしれません。でも、通った人にしか分からない遠回りでも一番の近道だったと思います。

氏子さんとは決して法律論で話してはいけません。地域の神社で勤める際に一番大切な事は氏子さんとの気持ちの繋がりです。その事だけを肝に命じて今でも生きています。

ピックアップ記事

  1. 一般人が宮司になるまで ㉙祇園祭の改革
  2. 一般人が宮司になるまで ※大切なことです。本編の前に読んで下さい
  3. 萎む氏子組織と村の氏神神社の将来〜中編
  4. 街中の神社では神木の管理が大変なんだ
  5. 一般人が宮司になるまで ⑰節分祭という名の修羅場

関連記事

  1. 一般人が宮司になるまで

    一般人が宮司になるまで ⑤噛み合わない話し合い

    権利の主張なのか?恩知らずなのか?役職は違えども同じ神職なのに、海…

  2. 一般人が宮司になるまで

    一般人が宮司になるまで ⑨退職の申し出

    そして終わりだと思った年度が替わり、焦燥感と脱力感が入り交じる。…

  3. 一般人が宮司になるまで

    一般人が宮司になるまで ㉓市内の要所に看板を設置して

    守谷市には屋外広告物条例が制定されています。八坂神社の看板は全て条例に…

  4. 一般人が宮司になるまで

    一般人が宮司になるまで ⑳社家じゃないってまるで白い巨塔のような

    宮司の神社の例大祭の日に白い巨塔ってドラマがあります。私は別に地位…

  5. 一般人が宮司になるまで

    一般人が宮司になるまで ⑯初めてのお正月

    不慣れな初詣の準備年が明けて平成15年。私は始めて仕事をするお正月…

  6. 一般人が宮司になるまで

    一般人が宮司になるまで ⑰節分祭という名の修羅場

    この話は私が神職になった18年間で一番の修羅場だったろうと今でも思って…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ピックアップ

  1. 一般人が宮司になるまで ⑤噛み合わない話し合い
  2. 一般人が宮司になるまで ㉙祇園祭の改革
  3. 沈む夕陽の撮影会
  4. 最近の御朱印ブームに思うこと
  5. BSテレビ東京の『発見!ローカル線聞き込み発見旅』で紹介され…

アーカイブ

  1. MAC

    ブログ復旧
  2. 八坂神社

    雪は困る
  3. 一般人が神職になるということは

    一般人が神職になるということは ⑤最後の祇園祭
  4. 私が宮司になるときに

    私が宮司になるときに ⑱挨拶回りと苦笑い
  5. 八坂神社

    境内で見つけた美しい風景
PAGE TOP