オピニオン

宮司になりたいと質問がきたんだけどね

話を一旦逸らしまして…

そう言えば以前、Twitter上で宮司になりたい、神職になりたいって言う質問が来ましてね。その方は私だけじゃなくて他の宮司にも同様の質問をしていました。もちろん、国学院大学神道科に四年間通えば誰だって神職の資格は取れますよ。その他の取得ルートは宮司の推薦等がないとなかなか難しいから余程の縁が無いと無理でしょう。いきなり地元の宮司さんの元へ行って推薦下さいと言ったって推薦してくれる宮司はいないでしょう。家族や親戚でも無い限り。私だって推薦することは出来ますよ。宮司なので。でも推薦しません。あなたの夢を叶えてあげるでは推薦できません。神社にエマージェンシーなどがなければ推薦は出来ないんですよ。

たとえ資格を取得してもすぐに現実を知るでしょう。資格を取るのと奉職するのは全く別物です。まして宮司になるのは余程の事が無い限り無理でしょう。大社でも厳しいでしょうし、我々が勤めているような民社は尚更難しいと思う。簡単になれるなら世の中にあれだけの無人神社はなくなるはずだと思います。私の存在ははっきり言ってイレギュラーなんです。私の知っている限り、近隣で同じような状況で宮司になった方は千葉で宮司をされている元NHKアナウンサーの宮田さんくらいしか存じ上げません。1度お話しさせて頂きましたが素晴らしい方でした。その宮田宮司様も本務神社の宮司の後を継ぐというものでした。私は全くの無人神社で本務宮司になった。本当に稀なんだと思います。


私は自分の経験上、相手のことを思って現実的に返答しました。
「コネクションがないと厳しいですよ」

もう一人の宮司さんはこう答えていましたと思います。
「夢や情熱をもって頑張れば不可能はありません」


その後、その方のタイムラインでは素晴らしい方に出会えた云々みたいな事が書いてあってその宮司さんと色々と話をしているようでしたね。こちらには返信した後に何の音沙汰もありませんでした。本人の為と思って返信したんだけど気に入らなかったようです。その後はどうなったんだろう。宮司になったのかな?そんなに安易に頑張れって言うことが良いことなのかな?不可能はない…

その場の優しさは耳障りがいいけど本当の優しさは角が立つんだな。

宮司にはなりたくてなるもんじゃないと思う。それが目的で神職になるならば、たとえ奉職できても神明奉仕とはかけ離れて、神様ではなく何か違う別の存在に気を取られながらの神職人生になると思うよ。

さて、余談はここまでにして次はイレギュラーな私の宮司になっていくまでの話に戻しましょう。

5+

ピックアップ記事

  1. 一般人が宮司になるまで ⑰節分祭という名の修羅場
  2. スーパーJチャンネル〜そしてSNSの恐さ〜
  3. 自分の御朱印ルールで八岐大蛇御朱印が出来るまで
  4. ブログを始めました
  5. 一般人が宮司になるまで ⑲父の死と夢枕で教えてくれた事

関連記事

  1. オピニオン

    2020夏の祭礼問題

    2020今朝のニュースで流れましたね。2020の警備員不足…

  2. オピニオン

    ある有名祇園祭の存続に関わる相談を受けて①

    お祭りの運営が厳しい時代この時代、規模の大きなお祭りを行うのが厳し…

  3. オピニオン

    最近の御朱印ブームに思うこと

    みんな意見が色々だ昨年、水戸で神職の集まりがあった。私が椅子に座っ…

  4. オピニオン

    神社と絵馬と電子マネーと

    神社と電子マネー消費税が10%に増税され、世の中がキャッシュレスに…

  5. オピニオン

    平成で一番記憶に残った出来事

    湾岸戦争後、30分で平成は終わる。きっとそれぞれの記憶があ…

  6. オピニオン

    ブログやSNSを閲覧している方々に声をかけられるようになって

    ブログを始めて5ヶ月経ってブログを始めて自分の周りに変化が現…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ピックアップ

  1. ブログを始めました
  2. 一般人が神職になるということは ⑧忘れられない風景と言葉
  3. 一般人が神職になるということは〜投稿一覧
  4. 一般人が宮司になるまで ㉙祇園祭の改革
  5. 一般人が宮司になるまで〜投稿一覧

アーカイブ

  1. 祇園祭

    台風の行方
  2. プライベート

    今日は次男の誕生日で
  3. 御朱印帳

    全国 綺麗 華麗 流麗 御朱印図鑑に掲載されました
  4. 八坂神社

    ドラマの撮影前の楽屋で
  5. 八坂神社

    神社界の研修、そして今年4度目の伊勢へ
PAGE TOP